鹿児島大学工学部先進工学科化学工学プログラムDepartment of Chemical Engineering

ニュース一覧News

 
HP更新
化学工学プログラムのホームページを更新しました。
受賞

令和2年度日阪製作所基金学生賞が以下の学生に授与されました。

M2  赤星 薫、上田裕喜、二宮大樹
M1  坂本洸大
B4  牧島美輝、當山智大、宮本大輝
B3  高橋瑞希、高山遥香、森 香奈美
B2  桐原巳沙、氏田峻之介、半田幸太郎
B1  今村桃子、日高三好

 受賞者から高校生の方へのメッセージは こちらです
受賞
二井研究室 歳川真也 君が「化学工学会第86年会(2021年3月20~22日)」で優秀学生賞を受賞しました。
講演題目「積層型ベーパーチャンバーによるLED光源の熱問題解決に関する研究」
受賞
2020年4月9日(木)に,本学科の五島 崇 助教が, 化学工学会から質の高い公平な審査を数多く行った査読者を表彰する論文審査貢献賞を受賞しました。
受賞
吉田・武井研究室 坂本洸大 君が「化学工学会九州支部 オンライン学生発表会(2020年12月5日(土)開催)」で学生賞を受賞しました。
講演題目「DEC2の細胞死誘導因子BAXの発現制御の解析」
受賞
二井研 上田 裕喜君が日本ソノケミストリー学会主催 「第29回ソノケミストリー討論会」(2020年9月28~29日)において 「2020年度日本ソノケミストリー学会特別賞」を受賞しました。
講演題目 「MHz域超音波を用いる窒化グラフェン調製」
受賞
本学科の吉田教授が 公益社団法人化学工学会(2020年3月15日)より「2019年度 会員増強功績賞」 を授与されました。
教員の異動
武井准教授が2020年4月で教授に昇進されました。
受賞

下記の学生に「日阪製作所基金 学生賞」を授与しました。

M2 宮島 董(甲斐研)、 平 雄也(甲斐研)、辻 侑真(二井研)、 堀 貴寧(鮫島研)、朝日汰一(吉田研)、福原芳樹(吉田研)、 濱砂玲音(吉田研)
M1  二宮大樹(二井研)、北島光明(鮫島研)
B4  坂本洸大(吉田研)、時吉泰世(二井研)
B3  西尾憲悟(吉田研)、牧島美輝(二井研)
B2  高橋瑞季、伊藤拓人
B1  氏田峻ノ介、園田達人
受賞
甲斐研 宮島 菫君が「The 32nd International Symposium on Chemical Engineering」において(2019年12月7日)において 「Best Poster Presentation Award」を受賞しました。
講演題目 「触媒量を低減したアルカリ不均一触媒による酢酸メチルによるバイオディーゼル製造」
受賞
甲斐研 平 雄也君が化学工学会 粒子・流体プロセス部会 流動層分科会主催の 「第25回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム」(2019年11月28~29日)において 「優秀ポスター賞」を受賞しました。
講演題目 「ガス吸着による流動化ガスの体積減少が流動化に与える影響」
受賞
甲斐研 平 雄也君が一般社団法人日本エネルギー学会西部支部主催 「第4回学生・若手研究発表 会」において(2019年11月22日)において優秀学生賞(ポスター発 表)を受賞しました。
講演題目 「流動層反応器におけるガス吸着や気固反応を原因とする非流動化現象の解析」
受賞
甲斐研 宮島 菫君が一般社団法人日本エネルギー学会西部支部主催 「第4回学生・若手研究発表 会」において(2019年11月22日)において優秀学生賞(ポスター発 表)を受賞しました。
講演題目 「触媒量を低減したアルカリ不均一触媒による酢酸メチルによるバイオディーゼル製造」
学科オープンスクール開催
先進工学科化学工学プログラムでは、大学祭(2019年11月15~16日)に合わせて、2019年11月16日に高校3年生・保護者を対象とした秋季オープンスク-ルを開催します。 学科紹介、体験講義、模擬実験、面接体験など盛りだくさんの内容になっています。 チラシを参照の上、お申し込みください。
受賞
吉田研 福原芳樹 君が第56回化学関連支部合同九州大会(2019.7.13、北九州市)において、「優秀ポスター賞」を受賞しました。
[講演題目] 化学架橋フリーな疎水化ゼラチンゲルにおける疎水基炭素鎖長と疎水性薬剤の吸着・放出挙動との関係
受賞
吉田研 濱砂玲音 君が公益社団法人 化学工学会九州支部 第24回学生賞審査会(修士の部)(2019.7.13、北九州市)において、「学生賞」にを受賞しました。
[講演題目] 光硬化性有機-無機ハイブリッド材料の開発および応用
受賞
吉田研 朝日汰一 が 2018年度 進取の精神 学長表彰を受賞しました。
受賞
吉田研 朝日汰一 が 第12回 桜ケ丘地区基礎系研究発表会(2019年3月7日開催)において、プレゼンテーション賞を受賞しました。
講演題目 「核小体ストレス応答による細胞老化の制御」
教員の異動
平田教授が2019年3月で定年退職されました。