国内・国際学会発表
(2005~2019年)
黒文字:国内学会
青文字:国際学会・国際シンポジウム



2019年度

・濱砂玲音, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 高尾良成, 太田明宏, “チオール基を導入したポリシルセスキオキサンを用いた有機-無機ハイブリッド材料に対する添加モノマーが力学的強度に及ぼす影響”, 第56回化学関連支部合同九州大会, CE-2-039, 北九州市(北九州国際会議場) (2019.7)

・服巻晃二, 大角義浩, 幡手泰雄, 武井孝行, 吉田昌弘, “サッチ分解菌内包カプセルの開発およびその活性保持に向けた基礎的検討”, 第56回化学関連支部合同九州大会, CE-2-070, 北九州市(北九州国際会議場) (2019.7)

・井元風斗, 大角義浩, 高尾良成, 太田明宏, 武井孝行, 吉田昌弘, “無鉛ガラスV2O5-TeO2-SnF2へのハロゲン化物の添加が及ぼす低融性硬化”, 第56回化学関連支部合同九州大会, CE-2-071, 北九州市(北九州国際会議場) (2019.7)

・福元祐希, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “ラミン-ホルムアルデヒド骨格を有するマイクロカプセルのOne-Step調製技術の基礎的検討”, 第56回化学関連支部合同九州大会, CE-2-072, 北九州市(北九州国際会議場) (2019.7)

・服巻晃二, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “サッチ分解菌を内包したカプセルの開発”, 第30回若手ケミカルエンジニア討論会, 47, 熊本県玉名市(ホテルしらさぎ) (2019.7)

・井元風斗, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 高尾良成, 太田明宏, “低融性を有する無鉛ガラスの開発”, 第30回若手ケミカルエンジニア討論会, 48, 熊本県玉名市(ホテルしらさぎ) (2019.7)

・奥屋賢治, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 木下智之, 高木斗志彦, “有機色素を有するナノカプセルの開発”, 第30回若手ケミカルエンジニア討論会, 49, 熊本県玉名市(ホテルしらさぎ) (2019.7)

・小野顕, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 吉永拓真, “認知症予防を目的としたロスマリン酸のカプセル化に関する基礎的検討”, 第30回若手ケミカルエンジニア討論会, 50, 熊本県玉名市(ホテルしらさぎ) (2019.7)

・福元祐希, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “MFマイうろカプセルの調製技術の効率化の検討”, 第30回若手ケミカルエンジニア討論会, 52, 熊本県玉名市(ホテルしらさぎ) (2019.7)

・山下廉太, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “蓄熱材を内包する多孔質マイクロカプセルの開発”, 第30回若手ケミカルエンジニア討論会, 53, 熊本県玉名市(ホテルしらさぎ) (2019.7)


・Akito Hamasuna, Yoshihiro Ohzuno, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, Yoshinari Takao, Akihiro Ota, “Evaluation of sealing properties to LED light emitting substrate of organic-inorganic hybrid materials composed of polysilsesquioxane with thiol group”, Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE) 2019, PD281, Sapporo (Sapporo Convention Center), Japan (2019.9)

・Yoshiki Fukuhara, Yoshihiro Ohzuno, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Effect of alkyl chain length on adsorption and release of hydrophobic drug to/from hydrophobically-modified gelatin hydrogel”, Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE) 2019, PD280, Sapporo (Sapporo Convention Center), Japan (2019.9)


・三浦翔, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 川崎剛美, “有機-無機ハイブリッドコーティングをした酸化ビスマスナノ粒子表面特性に関する基礎的研究”, 化学工学会第85年会, 受理番号203, 大阪府吹田市(関西大学千里山キャンパス) (2020.3)

・服巻晃志, 大角義浩, 清山史朗, 塩盛弘一郎, 幡手泰雄, 武井孝行, 吉田昌弘, “サッチ分解菌Bacillus pumilusを内包するカプセルの長期安定性とそのサッチ分解能の評価”, 化学工学会第85年会, 受理番号463, 大阪府吹田市(関西大学千里山キャンパス) (2020.3)

・福元祐希,迫田拓也,大角義浩,武井孝行,吉田昌弘, “メラミン-ホルムアルデヒドを外殻としたコア-シェル型マイクロカプセルのOne-Step調製技術の基礎的検討”, 化学工学会第85年会, 受理番号577, 大阪府吹田市(関西大学千里山キャンパス) (2020.3)



2018年度

・幡手泰雄, 幡手共重, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 清山史朗, 塩盛弘一郎, “サッチ分解菌内包マイクロカプセルを用いた芝生のサッチ層分解に関する実証試験”, 久米島ワークショップ, O-6, 沖縄(具志川農村環境改善センター) (2018.6)

・三浦翔, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 清山史朗, 塩盛弘一郎, 幡手泰雄, “多層構造を有する冷熱蓄熱材入りマイクロカプセルの開発とその熱サイクル特性評価”, 久米島ワークショップ, O-7, 沖縄(具志川農村環境改善センター) (2018.6)

・亀澤美春, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 木下智之, 高木斗志彦, “フォトクロミック色素を固定化するナノスフェアの調製プロセスの基礎的検討と物性評価”, 久米島ワークショップ, O-8, 沖縄(具志川農村環境改善センター) (2018.6)

・山口拓也, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 高尾良成, 太田明宏, “低融性を特徴とする V2O5-TeO2-BiF3 無鉛ガラスにおけるフッ化物の 添加効果”, 久米島ワークショップ, O-10, 沖縄(具志川農村環境改善センター) (2018.6)

・武井孝行, 迫口翔吾, 大角義浩, 吉田昌弘, “界面科学ならびに遠心技術を利用した気相中でのミリカプセルの構造制御”, 久米島ワークショップ, O-11, 沖縄(具志川農村環境改善センター) (2018.6)

・濵砂玲音, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 高尾良成, 太田明宏, “チオール基を導入したポリシルセスキオキサンとアクリル系モノマーより構成される有機ー無機ハイブリッド材料の封着加工技術への応用”, 久米島ワークショップ, O-12, 沖縄(具志川農村環境改善センター) (2018.6)

・亀澤美春, 武井孝行, 吉田昌弘, “近赤外線吸収色素を固定化したナノカプセルの粒子径制御”, 化学工学会九州支部 第23回学生賞審査会, 北九州市(AIMビル8F KIPROホール) (2018.6)

・玉田瑛弥, 吉永拓真, 西俣寛人, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “アルツハイマー病の早期かつ簡易な診断を可能とするエクソソームの利用法に関する基礎研究”, 第54回化学関連支部合同九州大会, CE-3-030, 北九州市(北九州国際会議場) (2018.6)

・三浦翔, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 塩盛弘一郎, 清山史朗, “潜熱蓄熱材入り多孔質マイクロカプセルの熱耐久試験の評価”, 第54回化学関連支部合同九州大会, CE-3-043, 北九州市(北九州国際会議場) (2018.6)

・福原芳樹, 武井孝行, 吉田昌弘, “迅速ゲル化可能なペクチンゲルへの創傷治癒効果ならびに皮膚接着性の付与”, 第54回化学関連支部合同九州大会, CE-3-047, 北九州市(北九州国際会議場) (2018.6)

・朝日汰一, 川畑拓斗, 河原康一, 古川龍彦, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “細胞の分裂期阻害剤を用いた核小体ストレス応答に起因する細胞老化因子の活性評価”, 第54回化学関連支部合同九州大会, CE-3-050, 北九州市(北九州国際会議場) (2018.6)

・濵砂玲音, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “有機ー無機ハイブリッド材料への親水性有機溶媒の添加効果が封止能力に及ぼす影響”, 第54回化学関連支部合同九州大会, CE-3-062, 北九州市(北九州国際会議場) (2018.6)

・亀澤美春, 木下智之, 高木斗志彦, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “フォトクロミック色素を固定化するナノスフェアの調製における粒子径制御の検討”, 第54回化学関連支部合同九州大会, CE-3-064, 北九州市(北九州国際会議場) (2018.6)

・朝日汰一, 武井孝行, 吉田昌弘, 河原康一, 古川竜彦, “がん細胞における核小体ストレス応答と細胞老化に関する基礎的研究”, 第29回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 64, 熊本県阿蘇市(阿蘇プラザホテル) (2018.7)

・濵砂玲音, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 高尾良成, 太田明宏, “UV硬化性有機無機ハイブリッド材料の封着加工用材料への応用”, 第29回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 65, 熊本県阿蘇市(阿蘇プラザホテル) (2018.7)

・福原芳樹, 武井孝行, 吉田昌弘, “創傷治癒促進効果ならびに皮膚接着性を有するペクチンをベースとしたヒドロゲルの開発”, 第29回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 66, 熊本県阿蘇市(阿蘇プラザホテル) (2018.7)

・三浦翔, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 清山史朗, 塩盛弘一郎, 幡手泰雄, “多層構造を有する冷熱蓄熱材入りマイクロカプセルの開発とその熱特性評価”, 第29回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 67, 熊本県阿蘇市(阿蘇プラザホテル) (2018.7)

・山口拓也, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 高尾良成, 太田明宏, “フッ化物を導入した低融性無鉛ガラスの開発およびその特性評価”, 第29回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 68, 熊本県阿蘇市(阿蘇プラザホテル) (2018.7)

・武井孝行, “気相中を調製場としたバイオインスパイアードなカプセル調製法の開発”, 材料化学システム工学討論会2018, 3, 東京(同志社大学 東京オフィス) (2018.8)

・福原芳樹, 武井孝行, 吉田昌弘, “迅速ゲル化可能なペクチンヒドロゲルへの創傷治癒促進効果ならびに皮膚接着性の付与”, 化学工学会第50回秋季大会, BC105, 鹿児島市(鹿児島大学郡元キャンパス) (2018.9)

・濱砂玲音, 高尾良成, 太田明宏, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “ポリシルセスキオキサンとアクリル系モノマーから成る有機-無機ハイブリッド材料の薄膜特性評価”, 化学工学会第50回秋季大会, BC106, 鹿児島市(鹿児島大学郡元キャンパス) (2018.9)

・亀澤美春, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 木下智之, 高木斗志彦, “近赤外線吸収色素を固定化したナノカプセルの粒子径制御”, 化学工学会第50回秋季大会, PA228, 鹿児島市(鹿児島大学郡元キャンパス) (2018.9)

・徳田圭太郎, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, 塩盛弘一郎, “固体微粒子温度応答性内包マイクロカプセルの調製と特性制御”, 化学工学会第50回秋季大会, PA252, 鹿児島市(鹿児島大学郡元キャンパス) (2018.9)

・田代開夢, 武井孝行, 吉田昌弘, 塩盛弘一郎, 清山史朗, “高吸湿性イオンゲルの調製と吸湿特性”, 化学工学会第50回秋季大会, PA255, 鹿児島市(鹿児島大学郡元キャンパス) (2018.9)

・臼井将貴, 武井孝行, 吉田昌弘, 塩盛弘一郎, 清山史朗, “抽出剤固定化イオン液体ゲルによる金属イオンの抽出”, 化学工学会第50回秋季大会, PA260, 鹿児島市(鹿児島大学郡元キャンパス) (2018.9)

・玉田瑛弥, 吉永拓真, 西俣寛人, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “エクソソームを利用した早期アルツハイマー病診断に関する基礎的研究”, 化学工学会第50回秋季大会, PB275, 鹿児島市(鹿児島大学郡元キャンパス) (2018.9)

・朝日汰一, 川畑拓斗, 河原康一, 古川龍彦, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “がん細胞の分裂異常による核小体ストレス応答と細胞老化の相関に関する基礎的研究”, 化学工学会第50回秋季大会, PB276, 鹿児島市(鹿児島大学郡元キャンパス) (2018.9)

・大串渉, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, 塩盛弘一郎, “ヒドロキシオキシム抽出剤含浸多孔質ポリマー微粒子によるCu(II)の抽出速度解析”, 化学工学会第50回秋季大会, PA357, 鹿児島市(鹿児島大学郡元キャンパス) (2018.9)

・桒畑明穂, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, 塩盛弘一郎, “抽出剤内包架橋ゲルマイクロカプセルのCu(II)抽出特性におよぼす調製条件の影響”, 化学工学会第50回秋季大会, PA361, 鹿児島市(鹿児島大学郡元キャンパス) (2018.9)

・武井孝行, “撥液表面またはリキッドマーブルを利用した微生物包括疎水性カプセルの作製”, 化学工学会第50回秋季大会, PC305, 鹿児島市(鹿児島大学郡元キャンパス) (2018.9)

・迫口翔吾, 武井孝行, 吉田昌弘, “拡張係数によるミリカプセルの構造予測および遠心分離技術を利用した構造制御”, 化学工学会第50回秋季大会, BB315, 鹿児島市(鹿児島大学郡元キャンパス) (2018.9)

・富松莉央, 武井孝行, 吉田昌弘, “リキッドマーブル作製に用いる食用の撥液性粉末材料の開発”, 第5回九州地区大学-高専若手研究者研究・教育セミナー, 7, 佐賀市(佐賀大学理工学部機能物質化学科) (2018.10)

・山口大介, 武井孝行, 吉田昌弘, 幡手泰雄, 塩盛弘一郎, “有機相をアルギン酸カルシウム薄膜で被覆したコアシェル型マイクロカプセルの調製”, 化学工学会中国四国支部・関西支部合同徳島大会, C-6, 徳島市(徳島大学) (2018.12)

・濱砂玲音, 大角義浩, 高尾良成, 大田明宏, 武井孝行, 吉田昌弘, “ポリシルセスキオキサンとアクリル系モノマーより構成される有機-無機ハイブリッド材料の水蒸気バリア性の評価”, 化学工学会第84年会, PC260, 東京(芝浦工業大学豊洲キャンパス) (2019.3)



2017年度

・赤星薫, 大角義浩, 塩盛弘一郎, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, “修復材入りマイクロカプセルを用いた自己修復材料モデルに関する基礎的研究”, 第54回化学関連支部合同九州大会, CE-1-019, 北九州市(北九州国際会議場) (2017.7)

・迫口翔吾, 武井孝行, 吉田昌弘, “撥液性平板上の微小液滴の効率的撹拌法の開発とマイクロリアクターとしての性能評価”, 第54回化学関連支部合同九州大会, CE-1-036, 北九州市(北九州国際会議場) (2017.7)

・玉田瑛弥, 吉永拓真, 西俣寛人, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “消化器がんのバイオマーカーとしてのエクソソーム中miRNAの評価”, 第54回化学関連支部合同九州大会, CE-1-078, 北九州市(北九州国際会議場) (2017.7)

・赤星薫, 大角義浩, 塩盛弘一郎, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, “メタクリル系モノマー入りマイクロカプセルを用いた自己修復材料モデルの基礎的研究”, 第28回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 28, 水俣市(ホテル湯の児 海と夕やけ) (2017.7)

・玉田瑛弥, 吉永拓真, 西俣寛人, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “消化器がんのバイオマーカーとしてのmiR-210に関する検討”, 第28回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 29, 水俣市(ホテル湯の児 海と夕やけ) (2017.7)

・迫口翔吾, 武井孝行, 吉田昌弘, “磁性粒子を利用した微小液滴の効率的撹拌法の開発とマイクロリアクターとしての機能評価”, 第28回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 30, 水俣市(ホテル湯の児 海と夕やけ) (2017.7)


・Takayuki Takei, Juri Nomura, Yudai Yuji, Noriko Tomioka, Masahiro Yoshida,“Optimum conditions for removal of 137Cs by Rhodococcus erythropolis CS98strain immobilized in agarose hydrogel”, 5th International Symposium and Exhibitionon Aqua Science and Water Resources (ISASWR’17), PP 3, Fukuoka (Fukuoka University), Japan (2017.8)

・武井孝行, 濵田周吾, 吉田昌弘, “撥液性材料を利用した気中乾燥法による微生物包括カプセルの作製および微生物傷害性の検証”, 第69 回日本生物工学会大会, 2P-N185, 東京(早稲田大学) (2017.9)

・坂本馨子, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 脇田和晃, 伊藤昭則, “D相乳化法による界面被覆型エマルションゲルの長期安定性に関する研究”, 化学工学会第49回秋季大会, EC106, 名古屋市(名古屋大学) (2017.9)

・吉岡啓夢, 赤星薫, 大角義浩, 清山史朗, 塩盛弘一郎, 武井孝行, 吉田昌弘, “マイクロカプセルを導入した自己修復材料中の金属触媒種による修復能力の評価”, 化学工学会第49回秋季大会, EC107, 名古屋市(名古屋大学) (2017.9)

・迫口翔吾, 武井孝行, 吉田昌弘, “マイクロリアクターとしての微小液滴の効率的撹拌法”, 化学工学会第49回秋季大会, EC108, 名古屋市(名古屋大学) (2017.9)

・武井孝行, 山﨑祐美子, 早瀬元, 吉田昌弘, “リキッドマーブルを利用した新規カプセル作製法”, 化学工学会第49回秋季大会, EC115, 名古屋市(名古屋大学) (2017.9)

・吉岡啓夢, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 森力宏, 百田潤二, “シランカップリング剤を用いた酸化チタンの表面コーティングに関する基礎的研究”, 化学工学会第49回秋季大会, PA239, 名古屋市(名古屋大学) (2017.9)

・赤星薫, 吉岡啓夢, 大角義浩, 塩盛弘一郎, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, “自己修復材料中の修復剤の硬化速度を向上させる触媒種の検討”, 化学工学会第49回秋季大会, PA245, 名古屋市(名古屋大学) (2017.9)

・亀澤美春, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 木下智之, 高木斗志彦, “液中乾燥法による有機色素を固定化したナノカプセルの調製および特性評価”, 化学工学会第49回秋季大会, PA251, 名古屋市(名古屋大学) (2017.9)

・玉田瑛弥, 吉永拓真, 西俣寛人, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “消化器がん細胞由来のエクソソームにおけるmiRNAの評価”, 化学工学会第49回秋季大会, PA265, 名古屋市(名古屋大学) (2017.9)

・武井孝行, 早瀬元, 吉田昌弘, “撥液材料を利用した気相中でのカプセル作製法”, 化学工学会第49回秋季大会, V316, 名古屋市(名古屋大学) (2017.9)


・Takayuki Takei, Juri Nomura, YNguyen Duc Hanh, udai Yuji, Masahiro Yoshida, “Optimization of operational conditions for removal of 137Cs by Rhodococcus erythropolis CS98 strain immobilized in agarose hydrogel”, 23nd Symposium of Young Asian Biochemical Engineers' Community, PD-7, Xi’an (JinJiang International Hotel), China (2017.11)

・玉田瑛弥, 吉永拓真, 西俣寛人, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “脳腫瘍細胞より分泌されるエクソソーム中のHSP70の発現に関する基礎的研究”, 化学工学会第83年会, PB214, 吹田市(大阪大学) (2018.3)

・朝日汰一, 川畑拓斗, 河原康一, 古川龍彦, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “核小体ストレス応答が誘導する細胞老化に関する基礎的研究”, 化学工学会第83年会, PB216, 吹田市(大阪大学) (2018.3)

・亀澤美春, 木下智之, 高木斗志彦, 大角義浩, 武井孝行,吉田昌弘, “液中乾燥法を用いる近赤外線吸収色素を固定化したナノカプセルの粒径制御に関する検討”, 化学工学会第83年会, PC235, 吹田市(大阪大学) (2018.3)

・迫口翔吾, 武井孝行, 早瀬元, 吉田昌弘, “界面科学および遠心分離技術を利用した気相中で調製するミリカプセルの構造制御”, 化学工学会第83年会, PC239, 吹田市(大阪大学) (2018.3)

・三浦翔, 大角義浩, 清山史朗, 塩盛弘一郎,武井孝行, 吉田昌弘, “潜熱蓄熱材入り多孔質マイクロカプセルの熱サイクル試験の検討”, 化学工学会第83年会, PC240, 吹田市(大阪大学) (2018.3)

・濵砂玲音, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “ポリシルセスキオキサンとアクリル系モノマーより構成される有機-無機ハイブリッド材料の封止特性評価”, 化学工学会第83年会, PC261, 吹田市(大阪大学) (2018.3)

・武井孝行, 山﨑祐美子, 迫口翔吾, 早瀬元, 吉田昌弘, “撥液材料を利用した気相中でのカプセル作製法”, 化学工学会第83年会, N224, 吹田市(大阪大学) (2018.3)



2016年度

・濱崎研悟, 河原康一, 川畑拓斗, 下川倫子, 山本雅達, 新里能成, 南健太郎, 有馬一成, 濵田季之, 吉田昌弘, 古川龍彦, “核小体を起点としたストレス応答の新たな生理機構の解明と抗がん剤の開発”, 平成28年度生化学会九州支部例会, ???, 鹿児島市(鹿児島大学) (2016.5 )

・濱崎研悟, 河原康一, 川畑拓斗, 下川倫子, 山本雅達, 新里能成, 南健太郎, 有馬一成, 濵田季之, 吉田昌弘, 古川龍彦, “核小体ストレス応答を利用した新たな抗癌剤の開発”, 第4回がんと代謝研究会, 11-7, 鹿児島市(鹿児島県民交流センター) (2016.7)

・檀上創, 武井孝行, 吉永拓真, 田中貞夫, 西俣寛人, 吉田昌弘, “オートクレーブ滅菌操作がグルコン酸修飾キトサンクライオゲルの創傷治癒促進効果に及ぼす影響評価”, 第53回化学関連支部合同九州大会, CE-1-006, 北九州市(北九州国際会議場) (2016.7)

・柳雄介, 武井孝行, 大角義浩, 吉田昌弘, “綿飴状ゼラチンファイバーを血管の鋳型とする毛細血管網模倣技術の開発”, 第53回化学関連支部合同九州大会, CE-1-022, 北九州市(北九州国際会議場) (2016.7)

・濱崎研悟, 床次辰樹, 大角義浩, 吉田昌弘, 武井孝行, 吉永拓真, 西俣寛人, “大腸がん細胞に対するテプレノンの抗がん剤薬理活性助長作用の検証”, 第53回化学関連支部合同九州大会, CE-1-027, 北九州市(北九州国際会議場) (2016.7)

・吉岡啓夢, 衛藤卓磨, 大角義浩, 塩盛弘一郎, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, “修復剤入りマイクロカプセルを用いたスマート材料の自己修復能力の評価”, 第53回化学関連支部合同九州大会, CE-1-050, 北九州市(北九州国際会議場) (2016.7)

・池田崇晃, 甲原好浩, 高尾良成, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “低融性を有するバナジウム系封着加工用ガラスの調製と熱特性評価”, 第53回化学関連支部合同九州大会, CE-1-058, 北九州市(北九州国際会議場) (2016.7)

・坂本馨子, 板垣亮平, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 脇田和晃, 伊藤昭則, “D相乳化技術を用いた天然多糖類によるエマルションゲルの界面安定効果の検討”, 第53回化学関連支部合同九州大会, CE-1-073, 北九州市(北九州国際会議場) (2016.7)

・池田崇晃, 甲原好浩, 高尾良成, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “低融性を有するV2O5-Bi2O3-TeO2系ガラスの熱特性評価”, 第27回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 44, 福岡市(休暇村志賀島) (2016.7)

・坂本馨子, 板垣亮平, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 脇田和晃, 伊藤昭則, “天然多糖類を用いたD相乳化法によるエマルションゲルの安定性の検討”, 第27回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 45, 福岡市(休暇村志賀島) (2016.7)

・檀上創, 武井孝行, 吉永拓真, 田中貞夫, 西俣寛人, 吉田昌弘, “創傷の治癒を促す高温高圧滅菌耐性を有するキトサンゲルの調製と評価”, 第27回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 46, 福岡市(休暇村志賀島) (2016.7)

・濱崎研悟, 床次辰樹, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 吉永拓真, 西俣寛人, “ドラッグリポジショニングを目指した抗がん剤と既承認薬との抗腫瘍効果向上に関する基礎的研究”, 第27回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 47, 福岡市(休暇村志賀島) (2016.7)

・柳雄介, 武井孝行, 大角義浩, 吉田昌弘, “マイクロゼラチンファイバーを用いた毛細血管網再現法の開発”, 第27回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 48, 福岡市(休暇村志賀島) (2016.7)

・吉岡啓夢, 衛藤卓磨, 大角義浩, 塩盛弘一郎, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, “メタクリル系モノマー入りマイクロカプセルを利用する自己修復材料の修復効率の検討”, 第27回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 49, 福岡市(休暇村志賀島) (2016.7)

・Nov Irmawati Inda, Masaya Fukumaru, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, Akira Nakajima, Koichiro Shiomori, “Analysis of the extraction complex between LIX84-I and copper(ii) in the polymeric particles with interconnected spherical pores”, 2016 Global Conference on Engineering and Applied Science, 625, Sapporo (Premier Hotel Tsubaki Sapporo), Japan (2016.7)

・小波誉幸, 高尾良成, 甲原好浩, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “V2O5-ZnO-BaO-TeO2系無鉛ガラス粉末のレーザー封止技術に関する基礎的検討”, 化学工学会第48回秋季大会, R124, 徳島市(徳島大学) (2016.9)

・衛藤卓磨, 吉岡啓夢, 大角義浩, 塩盛弘一郎, 清山史朗, 岡部博之, 武井孝行, 吉田昌弘, “修復材内包マイクロカプセルを導入した塗料の自己修復能力の基礎的評価”, 化学工学会第48回秋季大会, R201, 徳島市(徳島大学) (2016.9)

・武井孝行, 濵田周吾, 大角義浩, 吉田昌弘, “気中乾燥法による撥液性材料上での微生物包括カプセルの作製および微生物傷害性の検証”, 化学工学会第48回秋季大会, R202, 徳島市(徳島大学) (2016.9)

・吉岡啓夢, 衛藤卓磨, 大角義浩, 塩盛弘一郎, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, “メタクリル系モノマー入りマイクロカプセルと金属触媒を組み合わせた自己修復材料の修復効率の検討”, 化学工学会第48回秋季大会, LP226, 徳島市(徳島大学) (2016.9)

・坂本馨子, 板垣亮平, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 脇田和晃, 伊藤昭則, “D相乳化技術を用いた界面被覆型エマルションゲルの安定性の検討”, 化学工学会第48回秋季大会, LP250, 徳島市(徳島大学) (2016.9)

・床次辰樹, 濱崎研悟, 吉永拓真, 西俣寛人, 河原康一, 古川龍彦, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘,“がん抑制遺伝子p53とこれを制御するタンパク質PICT1との相関に関する基礎的検討”, 化学工学会第48回秋季大会, LQ240, 徳島市(徳島大学) (2016.9)

・濱崎研悟, 床次辰樹, 大角義浩, 吉永拓真, 西俣寛人, 武井孝行, 吉田昌弘, “ドラッグリポジショニングに基づく抗がん剤と抗潰瘍薬の組み合わせがもたらす相乗効果の検証”, 化学工学会第48回秋季大会, LQ244, 徳島市(徳島大学) (2016.9)

・檀上創, 武井孝行, 吉永拓真, 田中貞夫, 西俣寛人, 吉田昌弘, “オートクレーブ滅菌耐性を有するグルコン酸修飾キトサンゲルの作製および創傷治癒促進効果へ及ぼす影響評価”, 化学工学会第48回秋季大会, LQ248, 徳島市(徳島大学) (2016.9)


・Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Cesium accumulation of Rhodococcus erythropolis CS98 strain immobilized in hydrogel matrices”, 22nd Symposium of Young Asian Biochemical Engineers' Community, OB-7, Miyazaki (Miyazaki SEAGAIA Resort), Japan (2016.10)

・So Danjo, Takayuki Takei, Sadao Tanaka, Takuma Yoshinaga, Hiroto Nishimata, Masahiro Yoshida, “Autoclavable chitosan cryogel for wound care”, 22nd Symposium of Young Asian Biochemical Engineers' Community, PA-30, Miyazaki (Miyazaki SEAGAIA Resort), Japan (2016.10)

・Yusuke Yanagi, Takayuki Takei, Yoshihiro Ozuno, Masahiro Yoshida, “Capillary-like network fabricated using “cotton candy”-like gelatin microfibers”, 22nd Symposium of Young Asian Biochemical Engineers' Community, PA-40, Miyazaki (Miyazaki SEAGAIA Resort), Japan (2016.10)


・Takuma Yoshinaga, Hiroto Nishimata, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Use of ANGPTL2 mRNA in formalin-fixed paraffin-embedded tissues as a biomarker to diagnose gastric cancer”, 第75回日本癌学会学術総会, P2340, 横浜市(パシフィコ横浜) (2016.10)

・武井孝行, 檀上創, 田中貞夫, 吉永拓真, 西俣寛人, 吉田昌弘, “オートクレーブ滅菌処理がキトサンクライオゲルの創傷治癒促進効果に及ぼす影響”, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016, 1E-21, 福岡市(福岡国際会議場) (2016.11

・柳雄介, 武井孝行, 大角義浩, 吉田昌弘, “綿飴状ゼラチンファイバーを用いた毛細血管網再現法の開発”, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016, 1P-091, 福岡市(福岡国際会議場) (2016.11)

・檀上創, 武井孝行, 吉永拓真, 田中貞夫, 西俣寛人, 吉田昌弘, “高温高圧滅菌前後でのグルコン酸修飾キトサンゲルの特性評価と創傷被覆材への応用”, 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016, 2P-026, 福岡市(福岡国際会議場) (2016.11)

・塩盛弘一郎, Nov Irmawati Inda, 福丸雅也, 清山史郎, 真隆志, 武井孝行, 吉田昌弘, “多孔質ポリマー微粒子に担持されたLIX84-Iと銅の抽出錯体の解析”, 第35回溶媒抽出討論会, P-41, つくば市(産業技術総合研究所つくばセンター) (2016.11)


・Tatsuki Tokonami, Kengo Hamasaki, Takuma Yoshinaga, Hiroto Nishimata, Yoshihiro Ozuno, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Drug effect of teprenone enhanced cytotoxicity of doxorubicin in digestive system cancer cells”, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, OA-07, Miyazaki (Phoenix Seagaia Resort), Japan (2016.12)

・Takuma Eto, Hiromu Yoshioka, Yoshihiro Ohzuno, Shiro Kiyoyama, Koichiro Shiomori, Hiroyuki Okabe, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Study on self-healing ability of coating material introducing microcapsules with repairing agent”, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, OD-11, Miyazaki (Phoenix Seagaia Resort), Japan (2016.12)

・Takayuki Koba, Ozuno Yoshihiro, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, Yoshinari Takao, Yoshihiro Kouhara, “Application to laser sealing of lead-free glass composed of V2O5-ZnO-BaO-TeO2”, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, OE-11, Miyazaki (Phoenix Seagaia Resort), Japan (2016.12)

・Masaya Fukumaru, Nov Irmawati Inda, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, Koichiro Shiomori, “Extraction rates of Cu(II) and Ni(II) by microcapsules with spherical pores impregnating LIX84-I”, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, OF-06, Miyazaki (Phoenix Seagaia Resort), Japan (2016.12)

・Yusuke Yanagi, Takayuki Takei, Yoshihiro Ozuno, Masahiro Yoshida, “Development of blood capillary-like channel networks fabricated using cotton candy-like gelatin fibers as template of channels”, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, PA-01, Miyazaki (Phoenix Seagaia Resort), Japan (2016.12)

・Kengo Hamasaki, Tatsuki Tokonami, Koichi Kawahara, Tatsuhiko Furukawa, Takuma Yoshinaga, Nishimata Hiroto, Yoshihiro Ohzuno, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Suppression of the growth of cancer cells by nucleous stress response”, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, PA-11, Miyazaki (Phoenix Seagaia Resort), Japan (2016.12)

・So Danjo, Takayuki Takei, Takuma Yoshinaga, Sadao Tanaka, Hiroto Nishimata, Masahiro Yoshida, “Effect of autoclave sterilization on properties of chitosan-gluconic acid cryogel for wound care”, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, PA-15, Miyazaki (Phoenix Seagaia Resort), Japan (2016.12)

・Takuya Nishikido, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, Yauo Hatate, Koichiro Shiomori, “Preparation and application of porous microcapsules containing sodium polyacrylate for dehumidification filter”, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, PD-07, Miyazaki (Phoenix Seagaia Resort), Japan (2016.12)

・Kaoruko Sakamoto, Yoshihiro Ohzuno, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, Kazuaki Wakita, Akinori Itoh, “Study on the interfacial stability of chitosan-alginate emulsion gel prepared by D phase emulsification technique”, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, PD-11, Miyazaki (Phoenix Seagaia Resort), Japan (2016.12)

・Hiromu Yoshioka, Takuma Eto, Yoshihiro Ohzuno, Shiro Kiyoyama, Shiomori Koichiro, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Foundamental research on healing efficiency of self-healing material by the combination of methacrylic monomer-loading microcapsules and metal catalyst”, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, PD-15, Miyazaki (Phoenix Seagaia Resort), Japan (2016.12)

・Takaaki Ikeda, Yoshihiro Ohzuno, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, Yoshihiro Kouhara, Yoshinari Takao, “Thermal characterization of V2O5-Bi2O3-TeO2 based glasses having a low temperature”, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, PE-10, Miyazaki (Phoenix Seagaia Resort), Japan (2016.12)

・Yudai Yuji, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Selection of gel material for immobilization of Rhodococcus erythropolis CS98 strain for decontamination of radioactive cesium”, The 29th International Symposium on Chemical Engineering, PF-20, Miyazaki (Phoenix Seagaia Resort), Japan (2016.12)


・武井孝行, “撥液性材料を利用したバイオインスパイアードカプセル作製法”, 第8回マイクロカプセル研究会講演会(東京大会), No.3, 東京 (キャンパスイノベーションセンター) (2017.1)

・濱崎研悟, 床次辰樹, 吉永拓真, 西俣寛人, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “抗がん剤(DOX)と胃潰瘍薬(テプレノン)とを組み合わせた新規混合薬剤の抗がん効果の検証”, 化学工学会第82年会, PB241, 東京(芝浦工業大学) (2017.3)

・坂本馨子, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 脇田和晃, 伊藤昭則, “D相乳化法を利用したキトサン-アルギン酸複合膜によるエマルションゲルの界面安定性に関する研究”, 化学工学会第82年会, PC217, 東京(芝浦工業大学) (2017.3)

・吉岡啓夢, 大角義浩, 清山史朗, 塩盛弘一郎, 武井孝行, 吉田昌弘, “マイクロカプセル化技術を取り入れた自己修復材料の修復効率の向上に関する研究”, 化学工学会第82年会, PC240, 東京(芝浦工業大学) (2017.3)

・池田崇晃, 大角義浩, 甲原好浩, 高尾良成, 武井孝行, 吉田昌弘, “V2O5-Bi2O3-TeO2系鉛フリーガラスに関する熱特性および封着特性の評価”, 化学工学会第82年会, PC272, 東京(芝浦工業大学) (2017.3)



2015年度

・福本晃平, 吉冨滉生, 武井孝行, 大角義浩, 吉田昌弘, “硬骨作製用アパタイト/キトサンクライオスポンジの開発”, 第52回化学関連支部合同九州大会, CE-1-0052, 北九州市(北九州国際会議場) (2015.6)

・小波誉幸, 大角義浩, 高尾良成, 甲原好浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “V2O5-ZnO-BaO-TeO2系封着加工用ガラスの封止特性評価”, 第52回化学関連支部合同九州大会, CE-1-0058, 北九州市(北九州国際会議場) (2015.6)

・床次辰樹, 吉永拓真, 西俣寛人, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “テプレノンによる抗がん剤の抗がん活性助長の検証”, 第52回化学関連支部合同九州大会, CE-1-0060, 北九州市(北九州国際会議場) (2015.6)

・湯地雄大, 鎌ヶ迫柊馬, 武井孝行, 吉田昌弘, “放射性セシウムの取り込み能力を有したRhodococcus erythropolis CS98株の包括に適したゲル材料の選定”, 第52回化学関連支部合同九州大会, CE-1-0062, 北九州市(北九州国際会議場) (2015.6)

・衛藤卓磨, 大角義浩, 幡手泰雄, 信野和也, 武井孝行, 吉田昌弘, “フッ素系微粒子を固定化したマイクロカプセルの基礎特性評価”, 第52回化学関連支部合同九州大会, CE-1-0068, 北九州市(北九州国際会議場) (2015.6)

・板垣亮平, 脇田和晃, 中村知之, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “天然多糖類を用いたD相乳化技術とエマルションの安定性に関する基礎的検討”, 第52回化学関連支部合同九州大会, CE-1-0069, 北九州市(北九州国際会議場) (2015.6)

・山口兼侍郎, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, 幡手泰雄, 塩盛弘一郎, “液中乾燥法を用いた硫黄粒子内包マイクロカプセルの調製”, 第52回化学関連支部合同九州大会, CE-1-0078, 北九州市(北九州国際会議場) (2015.6)

・衛藤卓磨, 大角義浩, 幡手泰雄, 信野和也, 清山史郎, 塩盛弘一郎, 武井孝行, 吉田昌弘, “フッ素系微粒子を固定化したマイクロカプセルの歯科疾患に関する基礎的検討”, 第26回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 36, 伊万里市(伊万里グランドホテル) (2015.7)

・床次辰樹, 吉永拓真, 西俣寛人, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “胃がん細胞に対するテプレノンの抗がん剤薬理活性助長作用の検証”, 第26回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 37, 伊万里市(伊万里グランドホテル) (2015.7)

・小波誉幸, 大角義浩, 高尾良成, 甲原好浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “V2O5-ZnO-BaO-TeO2系封着加工用ガラスへのレーザー封止技術の応用”, 第26回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 38, 伊万里市(伊万里グランドホテル) (2015.7)

・湯地雄大, 鎌ヶ迫柊馬, 武井孝行, 吉田昌弘, “放射性セシウムの除染を目的としたRhodococcus erythropolis CS98株を包括するゲル材料の探索”, 第26回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 39, 伊万里市(伊万里グランドホテル) (2015.7)


・Nov Irmawati Inda, Masaya Fukumaru, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, Koichiro Shiomori, “Characteristic of copper (II) extraction using microcapsules interconnecting spherical pores impregnated with LIX84-I”, 2015 International Scientific Conference on Engineering and Applied Sciences. ISCEAS- 692, Okinawa (Loisir Hotel Naha), Japan (2015.7)

・Takayuki Takei, Hiroki Yoshitomi, Kohei Fukumoto, Yoshihiro Ozuno, Masahiro Yoshida, “Toxic chemical crosslinker-free chitosan cryosponge for cartilage tissue engineering”, 27th European Conference on Biomaterials, 546, Kraków(ICE Kraków Congress Centre), Poland (2015.8-9)


・武井孝行, 吉冨滉生, 福本晃平, 大角義浩, 吉田昌弘, “化学架橋剤フリーなキトサンクライオスポンジの軟骨再生用細胞培養担体としての応用”, 化学工学会第47回秋季大会, K301, 札幌市(北海道大学) (2015.9)

・松尾郁哉, 高尾良成, 甲原好浩, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “V2O5-ZnO-TeO2-(ZrO)2(HPO4)2系無鉛粉末ガラスの気密特性の評価”, 化学工学会第47回秋季大会, K302, 札幌市(北海道大学) (2015.9)

・板垣亮平, 脇田和晃, 中村知之, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “D相乳化技術を用いた天然多糖類による界面安定効果”, 化学工学会第47回秋季大会, K306, 札幌市(北海道大学) (2015.9)

・斎藤諒太, 大角義浩, 清山史朗, 塩盛弘一郎, 武井孝行, 吉田昌弘, “脱窒細菌を固定化したモノリス構造マイクロカプセルによる連続脱窒能力の検討”, 化学工学会第47回秋季大会, K307, 札幌市(北海道大学) (2015.9)

・坂口美幸, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 森力宏, 山本博将, “転相乳化技術を利用するナノスフェアの開発における非イオン性界面活性剤比の検討”, 化学工学会第47回秋季大会, K308, 札幌市(北海道大学) (2015.9)

・寺園圭太, 荒木清貴, 武井孝行, 大角義浩, 早瀬元, 金森主祥, 中西和樹, 吉田昌弘, “超高効率で有用物質を包括できるバイオインスパイアードカプセル作製法”, 化学工学会第47回秋季大会, K309, 札幌市(北海道大学) (2015.9)

・床次辰樹, 吉永拓真, 西俣寛人, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “副作用が低く薬理活性の高い抗がん製剤開発に向けた基礎的研究”, 化学工学会第47回秋季大会, ZB2P36, 札幌市(北海道大学) (2015.9)

・小波誉幸, 高尾良成, 甲原好浩, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “V2O5-ZnO-BaO-TeO2系封着加工用ガラスの粒子径が封止特性に及ぼす影響”, 化学工学会第47回秋季大会, ZB2P43, 札幌市(北海道大学) (2015.9)


・Takayuki Takei, Junpei Kitazono, Yoshihiro Ozuno, Takuma Yoshinaga, Hiroto Nishimata, Masahiro Yoshida, “Vascular-like microchannel network prepared using hollow hydrogel microfibers”, 21st Symposium of Young Asian Biochemical Engineers' Community, P31, Chuncheon (Elysian Gangchon Resort Hotel), Korea (2015.10)

・湯地雄大, 鎌ヶ迫柊馬, 武井孝行, 吉田昌弘, “放射性セシウムの除染を目的とした Rhodococcus erythropolis CS98 株を包括するゲル材料の探索”, 第67回日本生物工学会大会, 3P-130, 鹿児島市(城山観光ホテル) (2015.10)

・武井孝行, 北園純平, 大角義浩, 吉永拓真, 西俣寛人, 吉田昌弘, “中空ゲルファイバーを利用した生体毛細血管網の工学的模倣技術”, 第67回日本生物工学会大会, 3P-254, 鹿児島市(城山観光ホテル) (2015.10)


・Nov Irmawati Inda, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, Koichiro Shiomori, “Study of complex formation of Cu(II) with LIX84-I impregnated in the polymeric particles with interconnected spherical pores”, 2015 Taiwan/Korea/ Japan Joint Meeting on Chemical Engineering, 4, Kaohsiung (I-Shu University), Taiwan (2015.11)

・Kenjiro Yamaguchi, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, Yasuo Hatate, Koichiro Shiomorii, “Preparation of microcapsules encapsulating sulfur particles by solvent evaporation method”, The 28th International Symposium on Chemical Engineering, OD-14, Ramada Hotel, Korea (2015.12)

・Masaya Fukumaru, Nov Irmawati Inda, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, Koichiro Shiomori, “Extraction characteristics of Cu(II) by microcapsules with interconnected spherical pores impregnating LIX84-I”, The 28th International Symposium on Chemical Engineering, OF-09, Ramada Hotel, Korea (2015.12)

・Takuya Nishikido, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei3, Masahiro Yoshida, Yauo Hatate, Koichiro Shiomori, “Preparation and moisture adsorption properties of microcapsules containing sodium polyacrylate”, The 28th International Symposium on Chemical Engineering, PF-04, Ramada Hotel, Korea (2015.12)


・武井孝行, 福本晃平, 大角義浩, 吉田昌弘, “硬骨再生用アパタイト/キトサンクライオスポンジの作製”, 化学工学会第81年会, P208, 吹田市(関西大学) (2016.3)

・衛藤卓磨, 福島真理成, 廣瀬由貴美, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “修復材入りマイクロカプセルを導入した高分子材料の自己修復能力向上のための基礎的評価”, 化学工学会第81年会, ZAP223, 吹田市(関西大学) (2016.3)

・小波誉幸, 高尾良成, 甲原好浩, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “V2O5-ZnO-BaO-TeO2系封着加工用ガラスのレーザー封止における特性評価”, 化学工学会第81年会, ZAP227, 吹田市(関西大学) (2016.3)

・床次辰樹, 濱崎研悟, 吉永拓真, 西俣寛人, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “胃・大腸がんに有効な複合製材の開発における基礎的検討”, 化学工学会第81年会, ZBP215, 吹田市(関西大学) (2016.3)



2014年度

・松尾郁哉,甲原好浩,大角義浩,武井孝行,吉田昌弘, “高い接着能力を有する無鉛ガラスの熱特性評価”, 第51回化学関連支部合同九州大会, CE-2-028, 北九州市(北九州国際会議場) (2014.6)

・寺園圭太,武井孝行,大角義浩,吉田昌弘, “管状生体組織構築用の中空ゲルファイバーの開発”, 第51回化学関連支部合同九州大会, CE-2-047, 北九州市(北九州国際会議場) (2014.6)

・斎藤諒太,武井孝行,吉田昌弘,大角義浩,桑木貴之,清山史朗,塩盛弘一郎, “脱窒細菌の固定化担体としてのマイクロカプセルのモノリス構造制御と脱窒能力評価”, 第51回化学関連支部合同九州大会, CE-2-048, 北九州市(北九州国際会議場) (2014.6)

・吉永拓真, “胃がん早期発見のための血清ANGPTL2の評価”, 平成26年度化学工学会九州支部学生賞審査会(博士の部), DC3, 北九州市(西日本総合展示場AIM)(2014.6)

・久保翔平, “新規バナジウム系封着加工用鉛フリーガラスの開発”, 平成26年度化学工学会九州支部学生賞審査会(修士の部), MC5, 北九州市(西日本総合展示場AIM)(2014.6)

・坂口美幸, “ポリリン酸アンモニウムを固定化したカプセル化消火剤の開発”, 第25回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.96, 宮崎市(ANAホリデイ・インリゾート宮崎)(2014.7)

・福本 晃平, “酵素反応により架橋したアルカリ処理コラーゲンゲルの作製”, 第25回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.97, 宮崎市(ANAホリデイ・インリゾート宮崎)(2014.7)

・松尾郁哉, “低熱膨張性バナジウム系ガラスの熱的特性評価”, 第25回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.98, 宮崎市(ANAホリデイ・インリゾート宮崎)(2014.7)

・寺園圭太, “血管構築用の細胞接着性を有する中空ゲルファイバーの作製”, 第25回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.99, 宮崎市(ANAホリデイ・インリゾート宮崎)(2014.7)

・斎藤諒太,大角義浩,清山史朗,塩盛弘一郎,武井孝行,吉田昌弘, “脱窒細菌を固定化したモノリス構造マイクロカプセルの再生処理における脱窒能力評価”, 第25回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.100, 宮崎市(ANAホリデイ・インリゾート宮崎)(2014.7)

・久保翔平,大角義浩,武井孝行,吉田昌弘,甲原好浩, “V2O5-MnO2-KPO3-CuOで構成される無鉛粉末ガラスの封着特性の評価”, 化学工学会第46秋季大会, D301, 福岡市 (九州大学) (2014.9)

・鶴田公平,甲原好浩,武井孝行,吉田昌弘, “Li2B4O7-BaO-P2O5-Al2O3系無鉛粉体ガラスの光透過特性及び接着能力の評価”, 化学工学会第46秋季大会, D302, 福岡市(九州大学) (2014.9)

・武井孝行,青川竜大,重光孝政,吉田昌弘, “発泡法を利用した動物細胞均一固定化多孔質スキャホールドの作製”, 化学工学会第46秋季大会, D303, 福岡市(九州大学) (2014.9)

・尾原翔伍,大角義浩,武井孝行,吉田昌弘,清山史朗,塩盛弘一郎, “メラミンホルムアルデヒド骨格を有するカプセル化土壌薫蒸剤の膜厚制御と薫蒸特性評価”, 化学工学会第46秋季大会, D314, 福岡市(九州大学) (2014.9)

・福島真理成,大角義浩,武井孝行,吉田昌弘,清山史郎,塩森弘一郎, “修復剤内包マイクロカプセルを利用したTDCB試験片の自己修復能力評価”, 化学工学会第46秋季大会, D315, 福岡市(九州大学) (2014.9)

・北園純平,武井孝行,大角義治,吉田昌弘, “細胞包括中空ゲルファイバーを使用した新規生体組織作製方法の開発”, 化学工学会第46秋季大会, ZC2P16, 福岡市(九州大学) (2014.9)

・斎藤諒太,桑木貴之,大角義浩,武井孝行,吉田昌弘,清山史朗,塩盛弘一郎, “脱窒細菌を固定化するモノリス構造マイクロカプセルの連続脱窒能力評価”, 化学工学会第46秋季大会, ZC2P24, 福岡市(九州大学) (2014.9)

・坂口美幸,大角義浩,武井孝行,吉田昌弘,清山史朗,塩盛弘一郎, “ポリリン酸アンモニウムを固定化したカプセル調製における構造及び壁材の検討”, 化学工学会第46秋季大会, ZC2P26, 福岡市(九州大学) (2014.9)

・寺園圭太,武井孝行,大角義浩,吉田昌弘, “管状生体組織構築用の細胞接着性を有する中空ゲルファイバーの開発”, 化学工学会第46秋季大会, ZC2P42, 福岡市(九州大学) (2014.9)

・松尾郁哉,大角義浩,武井孝行,吉田昌弘,甲原好浩, “V2O5-ZnO-TeO2-(ZrO)2(HPO4)2系無鉛粉末ガラスの熱膨張特性の評価”, 化学工学会第46秋季大会, ZC2P65, 福岡市(九州大学) (2014.9)

・小松俊一,清山史朗,武井孝行,吉田昌弘,塩盛弘一郎, “2-エチルヘキシルリン酸-モノ-2-エチルヘキシルエステルを内包したポリビニルアルコール/アルギン酸架橋ゲルマイクロカプセルの調製とCo(II)抽出”, 化学工学会第46秋季大会, ZD2P27, 福岡市(九州大学) (2014.9)

・Takuma Yoshinaga, Takamasa Shigemitsu, Hiroto Nishimata, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Evaluation of ANGTL2 as biomarker for diagnosing the gastrointestinal cancer”, 第73回 日本癌学会学術総会, P-1383, 横浜市(パシフィコ横浜) (2014.9)


・Koichiro Shiomori, Shunichi Komatsu, Nov Irmawati Inda, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Encapsulation of PC-88A in microcapsules of cross-linked gel of poly(vinyl alcohol)/alginic acid and its extraction property of Co(II)”, 20th International Solvent Extraction Conference, P10-15, Würzburg (Congress Centrum Würzburg), Germany (2014.9)

・Takuma Yoshinaga, Takamasa Shigemitsu, Hiroto Nishimata, Ayako Tomiyoshi, Emiko Hori, Yoshihiro Ozuno, Shiro Kiyoyama, Kouichiro Shiomori, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Angiopoetin-like protein 2 is a potential biomarker for gastric cancer”, 19th World Congress on Advances in Oncology and 17th International Symposium on Molecular Medicine, 322, Athens (Metropolitan Hotel), Greece (2014.10)

・Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Encapsulation of various materials into hydrophobic resin particles with high efficiency using superamphiphobic substrates”, 11th Korea-Japan Symposium on Materials & Interface International Symposium on Frontiers in Chemical Engineering, O-13, Jeju (Jeju Grand Hotel), Korea (2014.11))

・Koichiro Shiomori, Hiroyuki Tanda, Masaya Fukumaru, Nov Irmawati Inda, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Extraction properties of metal ion from aqueous solution with polymeric particles with interconnected spherical pores impregnating with LIX84-I”, 11th Korea-Japan Symposium on Materials & Interface International Symposium on Frontiers in Chemical Engineering, P83, Jeju (Jeju Grand Hotel), Korea (2014.11)

・Shunichi Komatsu, Nov Irmawati Inda, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, Koichiro Shiomori, “Extraction of Co(II) with microcapsules of cross-linked gel of poly(vinyl alcohol)/alginic acid containing PC-88A”, International Conference of Ion Exchange 2014, P31, Ginowan City (Okinawa Convention Center), Japan (2014.11)


・武井孝行,重光孝政,吉田昌弘, “発泡法を応用した多孔質スキャホールドへの細胞の均一固定化法”, 第36回日本バイオマテリアル学会大会, 1P-08, 東京(タワーホール船堀) (2014.11)

・松尾郁哉,甲原好浩,大角義浩,武井孝行,吉田昌弘, “V2O5-ZnO-TeO2-(ZrO)2(HPO4)2系鉛フリーガラスの物理化学的特性および封止特性評価”, 化学工学会 新潟大会2014, SB213, 新潟(新潟大学) (2014.11)

・寺園圭太,荒木清貴,武井孝行,大角義浩,早瀬元,金森主祥,中西和樹,吉田昌弘, “撥油性材料上を重合場とした高効率で物質を包括できる新規合成樹脂カプセル調製法の開発”, 化学工学会 新潟大会2014, O109, 新潟(新潟大学) (2014.11)

・小松俊一,清山史朗,真隆志,武井孝行,吉田昌弘,塩盛弘一郎, “2-エチルヘキシルリン酸-モノ-2-エチルヘキシルエステルを内包したポリビニルアルコール/アルギン酸架橋ゲルマイクロカプセルによるCo(II)の抽出機構”, 第33回溶媒抽出討論会, P-14, 神戸市(ホテルプラザ神戸) (2014.12)

・福丸雅也,Nov Irmawati Inda,真隆志,清山史朗,武井孝行,吉田昌弘,塩盛弘一郎, “LIX84-I含浸多孔質ポリマー微粒子による銅(II)の抽出特性”, 第17回化学工学会学生発表会徳島大会, J19, 徳島市(徳島大学) (2015.3)

・錦戸拓哉,清山史朗,武井孝行,吉田昌弘,塩盛弘一郎, “W/O/Wエマルションを用いたin situ重合法によるポリアクリル酸ナトリウム内包吸湿性マイクロカプセルの調製”, 第17回化学工学会学生発表会徳島大会, N07, 徳島市(徳島大学) (2015.3)

・寺園圭太,荒木清貴,武井孝行,大角義浩,早瀬元,金森主祥,中西和樹,吉田昌弘, “撥油性材料上を重合場とした超高効率で物質を包括できる新規カプセル調製法の開発”, 化学工学会第80年会, YC213, 東京(芝浦工業大学) (2015.3)

・斎藤諒太,大角義浩,清山史朗,塩盛弘一郎,武井孝行,吉田昌弘, “モノリス構造を有する脱窒細菌固定化マイクロカプセルの連続脱窒能力評価”, 化学工学会第80年会, XC231, 東京(芝浦工業大学) (2015.3)

・坂口美幸,柳原正宗,大角義浩,武井孝行,吉田昌弘,森力宏,山本博将, “転相乳化法を用いたフォトクロミック色素を固定化するナノスフェアの開発と基礎特性評価”, 化学工学会第80年会, YC229, 東京(芝浦工業大学) (2015.3)

・武井孝行,寺園圭太,荒木清貴,大角義浩,早瀬元,金森主祥,中西和樹,吉田昌弘, “高疎水性の剛直なカプセル内に有用物質を超高効率で包括可能な手法の開発”, 化学工学会第80年会, E222, 東京(芝浦工業大学) (2015.3)

・武井孝行, “バイオマテリアルとしての工学的応用展開を目指した新規機能性ヒドロゲルの創製”, 化学工学会第80年会, E309, 東京(芝浦工業大学) (2015.3)

・吉田昌弘,福島真理成,廣瀬由貴美,大角義浩,武井孝行,清山史朗,塩盛弘一郎, “自己修復機能を材料に付与するマイクロカプセルの基礎特性および自己修復能力評価”, 化学工学会第80年会, E224, 東京(芝浦工業大学) (2015.3)



2013年度

・北園純平, 武井孝行, 吉田昌弘, “中空ゲルファイバーを利用した細胞凝集塊サイズの制御方法の開発”, 第50回化学関連支部合同九州大会, 1_8.005, 北九州市(北九州国際会議場) (2013.7)

・福島真理成, 大角義浩, 清山史郎, 塩森弘一郎, 幡手泰雄, 武井孝行, 吉田昌弘, “ネイル修復機能を付与したカゼイン骨格マイクロカプセルの調製とネイル修復効果”, 第50回化学関連支部合同九州大会, 1_8.006, 北九州市(北九州国際会議場) (2013.7)

・吉冨滉生, 武井孝行, 吉田昌弘, “アルカリ処理コラーゲンゲルの作製および血管新生療法への応用”, 第50回化学関連支部合同九州大会, 1_8.008, 北九州市(北九州国際会議場) (2013.7)

・鶴田公平, 甲原好浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “Li2B4O7-BaO-P2O5より構成される封着加工用ガラスへのAl2O3の添加による透明性の向上”, 第50回化学関連支部合同九州大会, 1_8.009, 北九州市(北九州国際会議場) (2013.7)

・久保翔平, 甲原好浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “低融性を有するV2O5-MnO2-KPO3系封着加工用ガラスの耐水性に及ぼすCuOの添加効果”, 第50回化学関連支部合同九州大会, 1_8.014, 北九州市(北九州国際会議場) (2013.7)

・尾原翔伍, 大角義浩, 清山史朗, 塩盛弘一郎, 武井孝行, 吉田昌弘, “アリルイソチオシアネートを固定化するカプセル化農薬製剤におけるカプセル表面構造と蒸散挙動の制御”, 第50回化学関連支部合同九州大会, 1_8.022, 北九州市(北九州国際会議場) (2013.7)

・鶴田公平, 武井孝行, 吉田昌弘, 甲原好浩, “鉛ガラスと代替可能なLi2B4O7-BaO-P2O5-Al2O3系高透過特性鉛フリーガラスの開発”, 第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.11, 別府市(亀の井ホテル)(2013.7)

・尾原翔伍, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 塩盛弘一郎, 清山史朗, “天然由来成分アリルイソチオシアネートを内包する土壌燻蒸剤の燻蒸効果”, 第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.12, 別府市(亀の井ホテル)(2013.7)

・久保翔平, 甲原好浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “V2O5-MnO2-KPO3鉛フリーガラスのCuO添加による耐水性向上”, 第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.13, 別府市(亀の井ホテル)(2013.7)

・重光孝政, 吉永拓真, 西俣寛人, 武井孝行, 吉田昌弘, “癌発現異常タンパク質定量評価のためのELISA系の構築”, 第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.14, 別府市(亀の井ホテル)(2013.7)

・福島真理成, 大角義浩, 清山史郎, 塩森弘一郎, 武井孝行, 吉田昌弘, “プラスチック材料に自己修復機能を付与するコア-シェル型マイクロカプセルの開発”, 第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.15, 別府市(亀の井ホテル)(2013.7)

・吉冨滉生, 武井孝行, 大角義浩, 吉田昌弘, “アルカリ処理コラーゲンゲルの作製およびbFGF徐放担体および血管新生誘導剤としての有用性評価”, 第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.16, 別府市(亀の井ホテル)(2013.7)


・Takayuki Takei, Zyunpei Kitazono, Masahiro Yoshida, “Calcium-alginate hydrogel hollow microfibers for production of filament-like tissues”, 19th International Symposium on Microencapsulation, P3, Pamplona, Spain (2013.9)

・Takuma Yoshinaga, Takamasa Shigemitsu, Hiroto Nishimata, Yoshihiro Ozuno, Siro Kiyoyama, Koichiro Shiomori, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Evaluation of biomarkers for early detection of gastric cancer metastasis and recurrence using multiplex antibody’s beads”, 19th International Symposium on Microencapsulation, P72, Pamplona, Spain (2013.9)


・尾原翔伍, 大角義浩, 清山史朗, 塩盛弘一郎, 武井孝行, 吉田昌弘, “天然由来成分アリルイソチオシアネートを内包するカプセル化土壌薫蒸剤の薬剤効果”, 化学工学会第45回秋季大会, ZE2P19, 岡山市(岡山大学) (2013.9)

・吉冨滉生, 武井孝行, 大角義浩, 吉田昌弘, “アルカリ処理コラーゲンの特性評価および血管新生療法への応用”, 化学工学会第45回秋季大会, ZE2P23, 岡山市(岡山大学) (2013.9)

・北園純平, 武井孝行, 大角義浩, 吉田昌弘, “中空ゲルファイバーを利用した細胞凝集塊の作製”, 化学工学会第45回秋季大会, ZE2P26, 岡山市(岡山大学) (2013.9)

・久保翔平, 甲原好浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “V2O5-MnO2-KPO3系無鉛粉末ガラスへのCuO添加がガラスネットワーク構造に及ぼす耐水性変化”, 化学工学会第45回秋季大会, ZE2P53, 岡山市(岡山大学) (2013.9)

・鶴田公平, 甲原好浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “Li2B4O7-BaO-P2O5-Al2O3系無鉛粉末ガラスの構成成分Al2O3が接着力、透過性、構造特性に及ぼす影響”, 化学工学会第45回秋季大会, ZE2P55, 岡山市(岡山大学) (2013.9)

・柳原正宗, 大角義浩, 清山史朗, 塩盛弘一郎, 武井孝行, 吉田昌弘, “フォトクロミック色素を固定化する微粒子を添加したプラスチック系メガネレンズの発色特性評価”, 化学工学会第45回秋季大会, U115, 岡山市(岡山大学) (2013.9)

・桑木貴之, 大角義浩, 清山史朗, 塩盛弘一郎, 武井孝行, 吉田昌弘, “Paracoccus denitrificansを固定化するモノリス構造マイクロカプセルの脱窒速度向上に関する検討”, 化学工学会第45回秋季大会, U116, 岡山市(岡山大学) (2013.9)

・武井孝行, 山崎美佳, 大角義浩, 吉田昌弘, “Rhodococcus erythropolis CS98株包括ゲルビーズの作製およびセシウム取り込み特性評価”, 化学工学会第45回秋季大会, U117, 岡山市(岡山大学) (2013.9)

・吉田昌弘, 上杉加奈子, 福島真理成, 大角義浩, 清山史朗, 塩盛弘一郎, 武井孝行, “メラミン-ホルムアルデヒドを外殻としたアクリル系修復材入りマイクロカプセルを導入したTDCB試験片の自己修復機能評価”, 化学工学会第45回秋季大会, U118, 岡山市(岡山大学) (2013.9)

・後藤成吾, 甲原好浩, 武井孝行, 吉田昌弘, “V2O5-H2WO4-KPO3より構成される無鉛粉末ガラスへのSb2O3添加による耐水性評価”, 化学工学会第45回秋季大会, U210, 岡山市(岡山大学) (2013.9)

・武井孝行, 中原秀樹, 吉田昌弘, “グルコン酸修飾キトサン/ポリビニルアルコールヒドロゲルの作製および創傷治療への応用”, 第35回日本バイオマテリアル学会大会, 1C-01, 東京(タワーホール船堀) (2013.9)


・Seigo Goto, Yoshihiro Kouhara, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Effect of incorporated Sb2O3 on water durability of V2O5-H2WO4-KPO3 glass”, The 26th International Symposium on Chemical Engineering, OD-12, Busan (BEXCO), Korea (2013.12)

・Kohei Tsuruda, Yoshihiro Kouhara, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Improvement of transparency, sealing strength and water durability of Li2B4O7-BaO-P2O5 glass by incorporating Al2O3”, The 26th International Symposium on Chemical Engineering, OD-11, Busan (BEXCO), Korea (2013.12)

・Junpei Kitazono, Takayuki Takei, Yoshihiro Ozuno, Masahiro Yoshida, “Fabrication of linear tissue-like construct using hollow gel fibers”, The 26th International Symposium on Chemical Engineering, OD-09, Busan (BEXCO), Korea (2013.12)


・久保翔平, 武井孝行, 吉田昌弘, 甲原好浩, “V2O5-MnO2-KPO3-CuOで構成される封着加工用ガラスの耐水性及び封着強度の評価”, 化学工学会第79年会, SD3P47, 岐阜市 (岐阜大学) (2014.3)

・福島真理成, 大角義浩, 武井孝行, 吉田昌弘, 清山史朗, 塩盛弘一郎, “架橋モノマーを内包するコア-シェル型マイクロカプセルを利用した自己修復材料の自己修復能力評価”, 化学工学会第79年会, SD3P51, 岐阜市 (岐阜大学) (2014.3)



2012年度

・柳原 正宗, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 愛甲 涼子, 大角 義浩, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “ネオニコチノイド系殺虫剤内包カプセル化製剤のカプセル壁材の設計が徐放性に及ぼす効果”, 第49回化学関連支部合同九州大会, 4_8.078, 北九州市(北九州国際会議場) (2012.6)

・桑木 貴之, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 大角 義浩, 愛甲 涼子, 清山 史郎, 塩盛 弘一郎, “ケラチン組織再生のための乳性タンパク質骨格からなるミクロスフェアの調製と基礎特性評価”, 第49回化学関連支部合同九州大会, 4_8.030, 北九州市(北九州国際会議場) (2012.6)

・後藤 成吾, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 愛甲 涼子, 大角 義浩, 甲原 好浩, “耐水性向上を目指したバナジウム系封着加工用ガラスの開発”, 第49回化学関連支部合同九州大会, 4_8.033, 北九州市(北九州国際会議場) (2012.6)

・野添 洋子, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 愛甲 涼子, 大角 義浩, 塩盛 弘一郎, 清山 史郎, “天然多糖類であるキトサン-アルギン酸複合膜より構成されるカプセル化微生物製剤のセルロース分解能評価”, 第49回化学関連支部合同九州大会, 4_8.066, 北九州市(北九州国際会議場) (2012.6)

・水永 有紗, 清山 史郎, 塩盛 弘一郎, 吉田 昌弘, “混合抽出剤内包マイクロカプセルによるNiまたはCuの抽出速度”, 第49回化学関連支部合同九州大会, 4_8.074, 北九州市(北九州国際会議場) (2012.6)

・吉原 亮佑, 武井 孝行, 井嶋 博之, “疎水基修飾ゼラチンからなる化学架橋剤フリーなヒドロゲルの開発と血管新生への応用”, 第49回化学関連支部合同九州大会, 4_8.085, 北九州市(北九州国際会議場) (2012.6)

・桑木 貴之, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 愛甲 涼子, 大角 義浩, 塩盛 弘一郎, 清山 史郎, “ケラチン組織再生のためのカゼイン外殻からなるミクロスフェアの調製と基礎特性評価”, 第23回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.39, 北九州市(北九州八幡ロイヤルホテル)(2012.7)

・後藤 成吾, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 愛甲 涼子, 大角 義浩, 甲原 好浩, “高耐水性を特徴とするバナジウム系封着加工用ガラスの開発と特性評価”, 第23回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.40, 北九州市(北九州八幡ロイヤルホテル)(2012.7)

・上杉 加奈子, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 愛甲 涼子, 大角 義浩, 塩盛 弘一郎, 清山 史郎, “材料に自己修復機能を付与するマイクロカプセルの開発と特性評価”, 第23回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.38, 北九州市(北九州八幡ロイヤルホテル)(2012.7)

・野添 洋子, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 愛甲 涼子, 大角 義浩, 塩盛 弘一郎, 清山 史郎, “天然多糖類であるキトサン-アルギン酸複合膜より構成されるサッチ分解菌内包マイクロカプセルの開発”, 第23回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.42, 北九州市(北九州八幡ロイヤルホテル)(2012.7)

・柳原 正宗, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 愛甲 涼子, 大角 義浩, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “ネオニコチノイド系殺虫剤内包カプセル化製剤の壁材構成が及ぼす徐放制御能力の評価”, 第23回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.41, 北九州市(北九州八幡ロイヤルホテル)(2012.7)

・吉田 昌弘, 伊喜 憲明, 武井 孝行, 愛甲 涼子, 大角 義浩, 塩盛 弘一郎, 清山 史郎, “Bacillus subtilisを固定化する生分解ミクロスフィアの調製および生物活性評価”, 化学工学会第44回秋季大会, V305, 仙台市(東北大学) (2012.9)

・武井 孝行, 吉原 亮佑, 井嶋 博之, 川上 幸衛, 吉田 昌弘, “疎水化ゼラチンからなるヒドロゲルの開発と血管新生誘導剤としての応用”, 化学工学会第44回秋季大会, V304, 仙台市(東北大学) (2012.9)

・清山 史郎, 塩盛 弘一郎, 吉田 昌弘, 岸本 章, 幡手 泰雄, “(W/O/W)エマルションを反応場とした高吸水性高分子の合成とマイクロカプセル化”, 化学工学会第44回秋季大会, V306, 仙台市(東北大学) (2012.9)

・柳原 正宗, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 大角 義浩, 愛甲 涼子, 清山 史朗, 塩盛 弘一郎, “ネオニコチノイド系殺虫剤内包カプセル化製剤の製材設計が及ぼす徐放制御”, 化学工学会第44回秋季大会, XA2P70, 仙台市(東北大学) (2012.9)

・桑木 貴之, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 大角 義浩, 愛甲 涼子, 幡手 泰雄, 清山 史郎, 塩盛 弘一郎, “ケラチン組織再生のための乳性タンパク質骨格ミクロスフェアの基礎特性評価”, 化学工学会第44回秋季大会, XA2P71, 仙台市(東北大学) (2012.9)


・Takayuki Takei, Kotaro Sugihara, Masahiro Yoshida, Hiroyuki Ijima, Koei Kawakami, “Injectable and biodegradable sugar beet pectin-based hydrogels for biomedical applications”, The 10th Japan-Korea Symposium on Materials & Interface -International Symposium on Frontiers in Chemical Engineering-, P-37, Kyoto (Coop Inn Kyoto), Japan (2012.11)

・Takayuki Kuwaki, Ryoko Aikou, Yoshihiro Ozuno, Koichiro Shiomori, Shiro Kiyoyama, Yasuo Hatate, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Preparation and characterization of keratide-loaded casein microspheres for nail regeneration”, The 10th Japan-Korea Symposium on Materials & Interface -International Symposium on Frontiers in Chemical Engineering-, P-67, Kyoto (Coop Inn Kyoto), Japan (2012.11)

・Masamune Yanagihara, Ryoko Aikou, Yoshihiro Ozuno, Koichiro Shiomori, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Preparation of polystyrene/poly(pentaerythritol tetraacrylate) microcapsules for controlled release of water-soluble pesticide”, The 10th Japan-Korea Symposium on Materials & Interface -International Symposium on Frontiers in Chemical Engineering-, P-69, Kyoto (Coop Inn Kyoto), Japan (2012.11)


・後藤 成吾, “新規バナジウム系封着加工用鉛フリーガラスの開発”, 平成24年度化学工学会九州支部学生賞審査会(修士の部), No.1, 大分市(コンパルホール)(2012.11)

・Seigo Goto, Yoshihiro Kohara, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Characteristic evaluation of lead-free sealing glasses in the quaternary system V2O5-H2WO4-KPO3-Sb2O3”, The 25th International Symposium on Chemical Engineering, OE-09, Okinawa (Okinawa Convention Center), Japan (2012.12)

・Masamune Yanagihara, Ryoko Aikou, Yoshihiro Ozuno, Koichiro Shiomori, Shiro Kiyoyama, Takayuki Takei, Masahiro Yoshida, “Preparation of microcapsule encapsulated neonicotinoid insecticide and its controlled release property”, The 25th International Symposium on Chemical Engineering, PD-04, Okinawa (Okinawa Convention Center), Japan (2012.12)


・武井 孝行, “土壌汚染物質を分解除去可能な微生物包括カプセルの開発”, 第7回マイクロカプセル研究会講演会(東京大会), No.1, 東京 (キャンパスイノベーションセンター) (2013.1)

・武井 孝行, 吉冨 滉生, 吉田 昌弘, “アルカリ処理コラーゲンゲルの特性評価とその応用”, 化学工学会第78年会, D121, 大阪 (大阪大学) (2013.3)

・後藤 成吾, 武井 孝行, 吉田 昌弘, 甲原好浩, “V2O5-H2WO4-KPO3-Sb2O3系封着加工用鉛フリーガラスの耐水性及び封着強度の評価”, 化学工学会第78年会, E201, 大阪 (大阪大学) (2013.3)

・柳原 正宗, 大角 義浩, 武井 孝行, 吉田 昌弘, “フォトクロミック色素を固定化するミクロスフェアの壁材設計が色素溶出に及ぼす効果”, 化学工学会第78年会, E202, 大阪 (大阪大学) (2013.3)

・桑木 貴之, 大角 義浩, 武井 孝行, 吉田 昌弘, 清山 史郎, 塩盛 弘一郎, “Paracoccus denitrificansを固定化した多孔質マイクロカプセルの多孔質構造と脱窒速度の評価”, 化学工学会第78年会, E203, 大阪 (大阪大学) (2013.3)



2011年

・高橋良尚, 吉田昌弘, 大角義浩, 愛甲涼子, 畑中千秋, “Paracoccus denitrificantsを固定化する多孔性マイクロカプセルの開発とヘキサン及び炭酸アンモニウムによる表面細孔制御”, 第48回化学関連支部合同九州大会, 6_8.057, 北九州市(北九州国際会議場) (2011.7)

・上杉加奈子, 吉田昌弘, 大角義浩, 愛甲涼子, 塩盛弘一郎, 清山史朗, “ネオニコチノイド系殺虫剤のミクロスフェア化における壁材設計及び薬剤徐放抑制”, 第48回化学関連支部合同九州大会, 6_8.060, 北九州市(北九州国際会議場) (2011.7)

・備孝一郎, 吉田昌弘, 甲原好浩, “高透過能と低誘電率を有する鉛フリーガラスにおけるAl2O3の添加効果”, 第48回化学関連支部合同九州大会, 6_8.069, 北九州市(北九州国際会議場) (2011.7)

・備孝一郎, 吉田昌弘, 愛甲涼子, 大角義浩, 甲原好浩, “高透過度を有する鉛フリーガラスの開発とAl2O3の添加効果”, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.39,霧島市(ホテル霧島キャッスル)(2011.7)

・高橋良尚, 吉田昌弘, 塩盛弘一郎, 清山史朗, “Paracoccus denitrificantsを固定化する多孔質マイクロカプセルの開発と利用技術開発”, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.45, 霧島市(ホテル霧島キャッスル)(2011.7)

・伊喜憲明, 吉田昌弘, 大角義浩, 愛甲涼子, 塩盛弘一郎, 清山史朗, “ Bacillus subtilisを内包するミクロスフェアの開発とその物性評価について”, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.46, 霧島市(ホテル霧島キャッスル)(2011.7)

・上杉加奈子, 吉田昌弘, 大角義浩, 愛甲涼子, 塩盛弘一郎, 清山史朗, “ネオニコチノイド系殺虫剤内包マイクロカプセルの開発と特性評価”, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.61, 霧島市(ホテル霧島キャッスル)(2011.7)

・菅原聡一郎, 吉田昌弘, 大角義浩, 愛甲涼子, 塩盛弘一郎, 清山史朗, “沈殿重合放による多孔質かつ単分散なミクロスフェアの基礎特性評価”, 第22回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.88, 霧島市(ホテル霧島キャッスル)(2011.7)

・渕上清実, 小野文靖, 園田瑛子, 幡手淳治, 田口佳成, 田中眞人, 愛甲涼子, 吉田昌弘, 幡手泰雄, “重合開始剤ベンゾイルペルオキサイドの高含有マイクロカプセルの開発”, 化学工学会第43回秋季大会, P2D11, 名古屋市(名古屋工業大学) (2011.9)

・塩盛弘一郎, 北林卓朗, 清山史朗, 吉田昌弘, “連結球状多孔質を有するポリマー粒子を用いる抽出剤含浸樹脂の調製と吸着挙動”,化学工学会第43回秋季大会, M121, 名古屋市(名古屋工業大学) (2011.9)

・K.Shiomori, A.Matsushita, T.Sana, S.Kiyoyama, M.Yoshida, “Properties of Microcapsules containing PC-88A with connected spherical pores for Zn(II) extraction”, 19th International Solvent Extraction Conference, Chap.08, pp.206-212, Santiago, Chile (2011.10)

・Noriaki Iki, Masahiro Yoshida, Ryoko Aiko, Yoshihiro Ozuno, Koichiro Shiomori, Shiro Kiyoyama, “Evaluation and characteristics of microspheres immobilized Bacillus subtilis”, The 24th International Symposium on Chemical Engineering , OS-2-2, Gyeongju, Korea, (Hyundai Hotel) (2011.12)

・Yoshitaka Takahashi, Masahiro Yoshida, Yoshihiro Ohzuno, Ryoko Aiko, Koichiro Shiomori, Shiro Kiyoyama, “Gas formed porous microcapsules immobilized denitrifying bacteria , Paracoccus denitrificans”, The 24th International Symposium on Chemical Engineering , OC-2-1, Gyeongju, Korea, (Hyundai Hotel) (2011.12)

・Kanako Uesugi, Masahiro Yoshida, Ryoko Aikou, Yoshihiro Ozuno, Koichiro Shiomori, Shiro Kiyoyama, “Microcapsule encapsulated neonicotinoid insecticide and its characteristics evaluation”, The 24th International Symposium on Chemical Engineering , PD-08, Gyeongju, Korea, (Hyundai Hotel) (2011.12)


・菅原聡一郎, 吉田昌弘, 愛甲涼子, 大角義浩, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “強誘電性液晶を認識部位として導入したミクロスフェアのアミノ酸誘導体のキラル分離能評価”, 化学工学会第77年会, L123, 東京 (工学院大学) (2012.3)

・上杉加奈子, 吉田昌弘, 愛甲涼子, 大角義浩, 塩盛弘一郎, 清山史朗, “自己修復機能マイクロカプセルを導入したTDCB試験片の自己修復能力評価”, 化学工学会第77年会, L122, 東京 (工学院大学) (2012.3)


2010年

・岩田 龍祐, 吉田 昌弘, 甲原 好浩, “ディスプレイの封着加工用ガラスの基礎物性評価”, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.8, 熊本大学 (2010.7)

・荒牧 一輝, 吉田 昌弘, 甲原 好浩, “バナジウム系鉛フリーガラスの粒子系が及ぼす封着能力の評価”, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.20, 熊本大学 (2010.7)

・備 孝一郎, 吉田 昌弘, 甲原 好浩, “電子材料用封着剤への利用を目的とした鉛フリーガラスの開発と特性評価”, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.28, 熊本大学 (2010.7)

・飯田 一路, 田邊 健太, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “塗料用マイクロカプセルの調製及び基礎物性評価”, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.35, 熊本大学 (2010.7)

・久留須 太郎, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “カプセル化土壌薫蒸剤の調製条件が及ぼす薫蒸効果”, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.38, 熊本大学 (2010.7)

・澤井 宗太郎, 吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “カプセル化交信撹乱フェロモンの調製に影響を及ぼす重合開始剤の効果”, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.42, 熊本大学 (2010.7)

・高橋 良尚, 吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “マイクロカプセル化殺虫製剤の開発及び徐放挙動抑制”, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.54, 熊本大学 (2010.7)

・田邊 健太, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 畑中 千秋, “架橋ポリビニルアルコールをマトリクスとした脱窒細菌固定化マイクロカプセルの開発とその特性評価”, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.59, 熊本大学 (2010.7)

・伊喜 憲明, 吉田 昌弘, “テトラデカンを蓄熱剤として内包するメラミン-ホルムアルデヒドマイクロカプセルの調製と基礎物性評価”, 第21回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.71, 熊本大学 (2010.7)

・備 孝一郎, 吉田 昌弘, 甲原 好浩, “低誘電率かつ高透過度を有する鉛フリーガラスのSiO2およびAl2O3の添加効果”, 化学工学会第42回秋季大会, D109, 同志社大学(今出川キャンパス)(2010.9)

・吉田 昌弘, 志岐 雄寛, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “Bacillus subtilis を内包するマイクロカプセルのセルロース分解特性ならびにサッチ層分解能評価”, 化学工学会第42回秋季大会, F115, 同志社大学(今出川キャンパス)(2010.9)

・松下 明日香, 塩盛 弘一郎, 真 隆志, 清山 史朗, 吉田 昌弘, “連結球状孔を有するPC-88A内包マイクロカプセルによる亜鉛の抽出機構”, 化学工学会第42回秋季大会, W2P30, 同志社大学(今出川キャンパス)(2010.9)

・井上 信一, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 幡手 英雄, 吉田 昌弘, “餌料用タンパク質マイクロカプセルの構造に及ぼす調製
条件の影響”, 化学工学会第42回秋季大会, WA2P48, 同志社大学(今出川キャンパス)(2010.9)

・竹宮 鉄史, 吉田 昌弘, 甲原 好浩, “V2O5-Li2O-TeO2系鉛フリーガラス基礎物性評価”, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, B206, 徳島大学(常三島キャンパス)(2010.10)

・荒牧 一輝, 吉田 昌弘, 甲原 好浩, “リン酸系鉛フリーガラスの耐水性向上を目的とした酸化アンチモンの添加効果”, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, B208, 徳島大学(常三島キャンパス) (2010.10)

・田邊 健太, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 畑中 千秋, “架橋ポリビニルアルコールを基材とする脱窒細菌固定化マイクロカプセルの硝酸還元能力の評価”, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, E120, 徳島大学(常三島キャンパス)(2010.10)

・久留須 太郎, 吉田 昌弘, 塩盛弘一郎, 清山 史朗, “カプセル化土壌薫蒸剤の粒子径と薫蒸特性評価”, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, E202, 徳島大学(常三島キャンパス)(2010.10)

・宮崎 将尊, 吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “電場刺激応答ミクロスフェアによるアミノ酸誘導体のキラル分離能力の検討”, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, E203, 徳島大学(常三島キャンパス)(2010.10)

・立山 努, 吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “Baker's yeast固定化マイクロカプセルを利用するヘキサン・トリス二相系におけるアセトフェノンの不斉還元特性”, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, E204, 徳島大学(常三島キャンパス) (2010.10)

・高橋 良尚, 吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “殺虫剤(アセタミプリド)のカプセル化製剤の開発と薬剤放出速度の制御”, 第3回化学工学3支部合同徳島大会, G104, 徳島大学(常三島キャンパス)(2010.10)

・高橋 良尚, 吉田 昌弘, “マイクロカプセル化殺虫製剤の開発と薬剤放出抑制”, 化学工学会九州支部学生賞審査会, 松藤プラザ「えきまえ」いきいきひろば(長崎市)(2010.11)

・園田 瑛子, 小野 文靖, 幡手 泰雄, 愛甲 涼子, 吉田 昌弘, 田口 佳成, 田中 眞人, “各種天然精油のマイクロカプセル化”, 粉体工学会2010年度秋期研究発表会, 研究報告一般-12, 東京ビッグサイト (2010.12)

・吉田昌弘, “電子機器の封着加工のための鉛フリーガラスの開発”, 平成22年度第3回ニューガラスセミナー, 東京 (2010.12)

・K. Tanabe, M. Yoshida, R. Aiko, Y. Ohzuno, C. Hatanaka, “Denitrification rate of cross-linked polyvinyl alcohol gel-microsphere immobilized Paracoccus denitrificans NBRC13301, The 23th International Symposium on Chemical Engineering, OD-05, 九州産業大学 (2010.12)

・M. Miyazaki, M. Yoshida, R. Aiko, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Chiral separation of amino acid derivatives by electro-responsive microsphere, The 23th International Symposium on Chemical Engineering, OD-07, 九州産業大学 (2010.12)

・T. Kurusu, M. Yoshida, R. Aiko, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Microcapsules with environmental-friendly soil fumigant; Allyl isothiocyanate, and their evaluation of fumigation properties”, The 23th International Symposium on Chemical Engineering, OD-09, 九州産業大学 (2010.12)

・K. Aramaki, M. Yoshida, Y. Kouhara, “Additive effect of antimony oxide for water-resistance improvement of phosphoric acid system lead-free glasses”, The 23th International Symposium on Chemical Engineering, OE-17, 九州産業大学 (2010.12)

・T. Takemiya, M. Yoshida, Y. Kouhara, “Thermal, sealing and physicochemical properties on V2O5-Li2O-TeO2 lead free glasses”, The 23th International Symposium on Chemical Engineering, OS-10, 九州産業大学 (2010.12)

・S. Sawai, M. Yoshida, R. Aiko, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Evaluation of characteristics for microcapsules with insect sex pheromone prepared by difference polymerization initiators”, The 23th International Symposium on Chemical Engineering, PD-03, 九州産業大学 (2010.12)

・K. Iida, K. Tanabe, M. Yoshida, R. Aiko, Y. Ohzuno, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Effect of dispersion phase volume to w/o emulsion influences on morphology and fundamental properties of microcapsules for mat paint”, The 23th International Symposium on Chemical Engineering, PD-06, 九州産業大学 (2010.12)

・Y. Takahashi, M. Yoshida, R. Aiko, Y. Ohzuno, C. Hatanaka, “Core-shell microcapsules immobilized denitrifying bacterium, Paracoccus denitrificans, possessing porous membrane”, The 23th International Symposium on Chemical Engineering, PD-09, 九州産業大学 (2010.12)

・K. Sonae, M. Yoshida, Y. Kouhara, “Additive effect of Al2O3 effects on transmittance of Li2B4O7-BaO - P2O5 lead-free glasses “, The 23th International Symposium on Chemical Engineering, PE-06, 九州産業大学 (2010.12)

・R. Iwata, M. Yoshida, Y. Kouhara, “Physicochemical properties of vanadium system lead-free sealing glasses”, The 23th International Symposium on Chemical Engineering, PE-08, 九州産業大学 (2010.12)


・高橋 良尚, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 愛甲 涼子, 畑中 千秋, “Paracoccus denitrificansを固定化するコア-シェル型マイクロカプセル外殻の細孔制御”, 化学工学会第76年会, L119, 東京農工大(小金井キャンパス)(2011.3)

・宮崎 将尊, 吉田 昌弘, 愛甲 涼子, 大角 義浩, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “強誘電性液晶を分子認識部位として導入した刺激応答ミクロスフェアによるアミノ酸誘導体のキラル分離能力”, 化学工学会第76年会, L120, 東京農工大(小金井キャンパス)(2011.3)

・上杉 加奈子, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 愛甲 涼子, 清山 史朗, 塩盛 弘一郎, “ネオニコチノイド系殺虫剤のカプセル化における壁材設計及び薬剤徐放抑制”, 化学工学会第76年会, L121, 東京農工大(小金井キャンパス)(2011.3)

・塩盛 弘一郎, 松下 明日香, 真 隆志, 清山 史朗, 吉田 昌弘, “連結球状孔を有する抽出剤内包マイクロカプセルを用いる亜鉛のカラム分離特性”, 化学工学会第76年会, F106, 東京農工大(小金井キャンパス)(2011.3)

・竹宮 鉄史, 吉田 昌弘, 甲原 好浩, “V2O5-Li2O-TeO2系鉛フリーガラスとソーダライム板ガラスとの封着特性改善のためのリン酸タングステン酸ジルコニウムの添加効果”, 化学工学会第76年会, M303, 東京農工大(小金井キャンパス)(2011.3)


2009年

・高倉 一旗, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “土壌改良を目的とする環境分解型カプセル化乳酸菌製剤の開発”, 第46回化学関連支部合同九州大会, 6_8.005, p.342, 北九州国際会議場 (2009.7)

・立山 努, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “In situ 重合法を利用する農薬製剤の開発と薬物放出特性”, 第46回化学関連支部合同九州大会, 6_8.006, p.342, 北九州国際会議場 (2009.7)

・竹宮 鉄史, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 甲原 好浩, “V2O5-Li2O-TeO2系鉛フリーガラスシーリング材の特性評価”, 第46回化学関連支部合同九州大会, 6_8.036, p.357, 北九州国際会議場 (2009.7)

・宮崎 将尊, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “電場刺激による分子認識ミクロスフェアの開発”, 第46回化学関連支部合同九州大会, 6_8.060, p.369, 北九州国際会議場 (2009.7)

・久留須 太郎, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “食品添加物, アリルイソチオシアネートを主成分とするカプセル化土壌薫蒸剤の開発と特性評価”, 第46回化学関連支部合同九州大会, 6_8.061, p.370, 北九州国際会議場 (2009.7)

・椛島 裕樹, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “交信撹乱フェロモンを内包するマイクロカプセル製剤の蒸散制御”, 第46回化学関連支部合同九州大会, 6_8.062, p.370, 北九州国際会議場 (2009.7) 

・小瀬戸 悠悟, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 大角 義浩, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “単核構造を有する脱窒細菌内包マイクロカプセルの構造制御による脱窒速度の検討”, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.17, p.27, 阿蘇プラザホテル (2009.7)

・椛島 裕樹,吉田 昌弘,幡手 泰雄,塩盛 弘一郎,清山 史朗, “交信撹乱フェロモンのカプセル化製剤の蒸散制御”, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.19, p.29, 阿蘇プラザホテル (2009.7) 

・園田 瑛子, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “自己修復機能を付与するインテリジェントマイクロカプセルの構造制御”, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.21, p.31, 阿蘇プラザホテル (2009.7)

・竹宮 鉄史, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 甲原 好浩, “電子デバイスのシーリングを目指したバナジウム系鉛フリーガラスの特性評価”, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.23, p.33, 阿蘇プラザホテル (2009.7)

・久留須 太郎, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “アリルイソチオシアネートを内包するカプセル化土壌薫蒸剤の開発と薫蒸特性評価”, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.25, p.35, 阿蘇プラザホテル(2009.7)  

・高倉 一旗, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 武井 孝行, “土壌改良を目的とした乳酸菌内包マイクロカプセル製剤の開発”, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.27, p.37, 阿蘇プラザホテル (2009.7)

・立山 努, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “パン酵母固定化カプセル型リアクターの不斉還元への応用”, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.29, p.39, 阿蘇プラザホテル (2009.7)

・田邊 健太, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 大角 義浩, “艶消し効果を有する塗料用マイクロカプセル調製の基礎的検討”, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.31, p.41, 阿蘇プラザホテル (2009.7)

・宮崎 将尊, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “液晶を固定化した分子認識ミクロスフェアによるキラル分離”, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.33, p.43, 阿蘇プラザホテル (2009.7)  

・小瀬戸 悠悟, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 大角 義浩, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “単核構造を有する)脱窒細菌内包マイクロカプセルの構造制御による脱窒速度の検討”, 第20回九州地区若手ケミルエンジニア討論会, 17, 阿蘇プラザホテル (2009.7)

・S. Kiyoyama, K. Shiomori, M. Yoshida, Y. Hatate, “Extraction of Pd(II) Using Tri-n-octhylamine entrappedmicrocapsules with through-hole”, The 8th World congress of Chemical Engineering, 315 (Canada) (2009.8)

・K. Shiomori, M. Hashimoto, S. Kiyoyama, M. Yoshida, Y. Hatate, “Preparation and release control of biodegradable microcapsules entrapping antibacterial agent”, The 8th World congress of Chemical Engineering, 372 (Canada) (2009.8)


・田邊 健太, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 大角 義浩, “塗料用艶消しマイクロカプセルの調製条件の基礎的検討”, 化学工学会第41回秋季大会, I213, 広島大学 (2009.9)  

・宮崎 将尊, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “電場応答ミクロスフェアによるアミノ酸のキラル分離”, 化学工学会第41回秋季大会, I207, 広島大学 (2009.9)
  
・高倉 一旗, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 武井 孝行, “ポリ-ε-カプロラクトンを骨格とするカプセル化乳酸菌製剤の調製及び発酵特性”, 化学工学会第41回秋季大会, I214, 広島大学 (2009.9)  

・吉田 昌弘, 椛島 裕樹, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “カプセル化フェロモン製剤の細孔制御と蒸散特性評価”, 化学工学会第41回秋季大会, I304, 広島大学 (2009.9)
  
・久留須 太郎, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “アリルイソチオシアネート内包マイクロカプセルの薫蒸特性”, 化学工学会第41回秋季大会, I305, 広島大学 (2009.9)
  
・竹宮 鉄史, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 甲原 好浩, “バナジウム系鉛フリーガラス封着剤の熱的特性・封着強度・耐水能力評価”, 化学工学会第41回秋季大会, Q114, 広島大学 (2009.9)
  
・M. Yoshida, K. Shiki, I. Takakura, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, T. Takei, “Biodegradable Microcapsule Immobilized Lactic Acid Bacteria and its soil bio-amendment application”, The 17th International Symposium on Microencapsulation , 123, pp.151-152, 名古屋市 (2009.9)

・M. Yoshida, Y. Koseto, K. Tanabe, Y. Ohzuno, Y. Hatate, C. Hatanaka, E. Toorisaka, K. Shiomori, S. Kiyoyama”, Hollow core microcapsule encapsulated denitrifying bacteria for nitrate-nitrogen treatment in the groundwater”, The 17th International Symposium on Microencapsulation, 124, pp.153-154, 名古屋市 (2009.9)

・K. Shiomori, M. Hashimoto, S. Kiyoyama, M. Yoshida, Y. Hatate, “Release control of agrochemicals entrapped in biodegradable microcapsules by addition of solid lipids”, The 17th International Symposium on Microencapsulation , 133, pp.171-172, 名古屋市 (2009.9)


・小瀬戸 悠悟, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 大角 義浩, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “脱窒細菌を内包する多孔質マイクロカプセルの構造制御と脱窒速度の検討”, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, E116, 北九州市, 西日本総合展示場 (2009.10)
 
・志岐 雄寛, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “Bacillus subtilisを内包するマイクロカプセルのセルロース分解能力評価”, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, E117, 北九州市, 西日本総合展示場 (2009.10)
 
・園田 瑛子, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 大角 義浩, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “自己修復材料を可能にするインテリジェントマイクロカプセルの粒径制御”, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, E119, 北九州市, 西日本総合展示場 (2009.10)
 
・竹宮 鉄史, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 甲原 好浩, “V2O5-Li2O-TeO2系鉛フリーガラスの熱的特性・接着強度・耐水能力評価”, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, E207, 北九州市, 西日本総合展示場 (2009.10)
 
・荒牧 一輝, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 甲原 好浩, “低融性を有するバナジウム系鉛フリーガラスを適用した蛍光管のライフ試験”, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, E208, 北九州市, 西日本総合展示場 (2009.10) 

・Y. Kabashima, M. Yoshida, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Synthesis and controlled release of microcapsules containing mating disruption insect sex pheromone”, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, OF-03, Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea (2009.12)
 
・Y. Koseto, M. Yoshida, Y. Hatate, Y. Ohzuno, C. Hatanaka, E. Toorisaka, “Structure Control of Core-shell Microcapsules Immobilized Denitrifying Bacteria with Porous Structure”, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, OF-05, Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea (2009.12)
 
・K. Shiki, M. Yoshida, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Preparation and Cellulose-decomposition Ability of Microcapsule Encapsulated Bacillus subtilis”, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, OF-07, Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea (2009.12)
 
・E. Sonoda, M. Yoshida, Y. Hatate, Y. Ohzuno, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Particle Size Control of Intelligent Microcapsule Enable Healing of Microcrack Generated in Composite Materials”, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, OF-09 , Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea (2009.12)
 
・K. Aramaki, M. Yoshida, Y. Hatate, Y. Kouhara, “Investigation and Development for Utility V2O5-ZnO-BaO Lead-free Glass Possessing Low-melting Property”, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, PF-08, Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea (2009.12)
 
・T. Kurusu, M. Yoshida, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Development of an Encapsulation Pesticide Formulation Containing Allyl Isothiocyanate”, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, PF-10, Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea (2009.12)
 
・I. Takakura, M. Yoshida, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Preparation of Poly, ε-caprolactone  Microcapsules Enclosing Lactic Acid Bacteria and Evaluation of Lactic Fermentation Ability”, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, PF-12, Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea (2009.12)
 
・T. Takemiya, M. Yoshida, Y. Hatate, Y. Kouhara, “Preparation of V2O5-Li2O-TeO2 Lead-free Glasses and Evaluation of their Thermal Property, Sealing Ability, and Water Durability”, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, OF-14, Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea (2009.12)
 
・T. Tateyama, M. Yoshida, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Asymmetric Reduction and Enantio Selectivity of Acetophenone with Microcapsules Immobilized Baker's Yeast”, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, PF-16, Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea (2009.12)
 
・K. Tanabe, M. Yoshida, Y. Hatate, Y. Ohzuno, “Optimum Preparative Condition of Microcapsules for Mat Paint”, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, PF-18, Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea (2009.12)
 
・M. Miyazaki, M. Yoshida, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Optical Resolution Ability of Electro-responsive Microsphere Prepared by Molecular Imprinting Technique”, The 22th International Symposium on Chemical Engineering, PF-20, Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea (2009.12)
 

・高倉 一旗, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 武井 孝行, “Lactbacillus bulgaricusを固定化する環境分解ミクロスフェアの設計及び発酵特性”, 化学工学会第75年会, M302, 鹿児島大学 (2010.3)
  
・田邊 健太, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 大角 義浩, 畑中 千秋, “P. denitrificants を固定化する架橋PVAミクロスフェアの設計と特性評価”, 化学工学会第75年会, M303, 鹿児島大学 (2010.3)  

・宮崎 将尊, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “不斉制御機能を付与した電場刺激応答ミクロスフェアの調製とキラル分解評価”, 化学工学会第75年会, M305, 鹿児島大学 (2010.3)
  
・久留須 太郎, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “カプセル化土壌薫蒸剤調製と薫蒸特性の評価”, 化学工学会第75年会, M316, 鹿児島大学 (2010.3) 

・高橋 良尚, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “殺虫剤, アセタミプリド 内包マイクロカプセル製剤の設計及び徐放挙動抑制”, 化学工学会第75年会, M317, 鹿児島大学 (2010.3)
  
・立山 努, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “ヘキサン-トリス二相系における酵母固定化マイクロカプセルの不斉還元特性”, 化学工学会第75年会, M318 , 鹿児島大学 (2010.3) 
 
・竹宮 鉄史, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 甲原 好浩, “バナジウム系鉛フリーガラスへの修飾物添加が及ぼすガラスの低融点化”, 化学工学会第75年会, N117, 鹿児島大学 (2010.3) 
 
・荒牧 一輝, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 甲原 好浩, “バナジウム系鉛フリーガラスの異なる粒径に対する封着力の評価”, 化学工学会第75年会, N118, 鹿児島大学 (2010.3)


2008年度

・小瀬戸 悠悟, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “独立栄養性脱窒細菌を固定化するコアーシェル型マイクロカプセルの脱窒評価”, 第45回化学関連支部合同九州大会,2_8.022 (北九州市) (2008.7)

・志岐 雄寛, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 武井 孝行, “乳酸菌固定化マイクロカプセルの物性評価”, 第45回化学関連支部合同九州大会,2_8.023 (北九州市)(2008.7)

・椛島 裕樹, 武井 孝行, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “交信撹乱フェロモンを内包するカプセル化フェロモン製剤の開発”, 第45回化学関連支部合同九州大会,2_8.024 (北九州市)(2008.7)

・岩崎 広, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 武井 孝行, 甲原 好浩, “プラズマディスプレイの隔壁材として利用可能な鉛フリーガラスの開発”, 第45回化学関連支部合同九州大会,2_8.084 (北九州市)(2008.7)

・園田 瑛子, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 武井 孝行, “自己修復機能を付与するインテリジェントマイクロカプセルの構造制御”, 第45回化学関連支部合同九州大会,2_8.085 (北九州市)(2008.7)

・竹宮 鉄史, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 岩崎 広, 武井 孝行,甲原 好浩, “低融性を特徴とする鉛フリーガラスの特性評価”, 第45回化学関連支部合同九州大会,2_8.086 (北九州市)(2008.7)

・椛島 裕樹, 武井 孝行, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “交信撹乱フェロモンを内包するカプセル化フェロモン製剤の開発”, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.1 (阿蘇) (2008.7)

・小瀬戸 悠悟, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 大角 義浩,畑中 千秋, 通阪 栄一, “脱窒細菌固定化マイクロカプセルを利用した硝酸性窒素除去システムの基礎的検討”, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.2 (阿蘇)(2008.7)

・志岐 雄寛, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 武井 孝行, “Lactobacillus blugaricus固定化マイクロカプセルの活性評価”, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.3 (阿蘇)(2008.7)

・園田 瑛子, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 小波 盛佳, “自己修復機能を有するインテリジェントマイクロカプセルの構造制御”, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.4 (阿蘇)(2008.7)

・竹宮 鉄史, 岩崎 広, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 甲原 好浩, “低融性を特徴とする鉛フリーガラスの特性評価”, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.28 (阿蘇)(2008.7)

・岩崎 広, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 武井 孝行, 甲原 好浩, “隔壁材として利用可能なホウ素系ガラスの開発”, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.80 (阿蘇)(2008.7)

・岩崎 広, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “PDP隔壁材として利用可能な封着加工用鉛フリーガラスの開発”, 化学工学会九州支部学生賞審査会 (阿蘇)(2008.7)

・塩盛 弘一郎, 佐伯 勝之, 清山 史朗, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “ゲル包括in situ重合法による抽出剤内包ミリサイズカプセルの調製と抽出特性”, 化学工学会九州支部沖縄大会,C109 (沖縄産業支援センター) (2008.8)

・小瀬戸 悠悟, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “脱窒細菌固定化コアーシェル型マイクロカプセルによる脱窒速度の検討”, 化学工学会九州支部沖縄大会,C113 (沖縄産業支援センター) (2008.8)

・園田 瑛子, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “自己修復を付与するインテリジェントマイクロカプセルの構造制御”, 化学工学会九州支部沖縄大会,C114 (沖縄産業支援センター) (2008.8)

・岩崎 広, 竹宮 鉄史, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 甲原 好浩, “PDP隔壁材用の鉛フリーガラスの開発”, 化学工学会九州支部沖縄大会,C116 (沖縄産業支援センター) (2008.8)

・竹宮 鉄史, 岩崎 広,吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 甲原 好浩, “低融性を特徴とする鉛フリーガラス粉末の熱的分析”, 化学工学会九州支部沖縄大会,C117 (沖縄産業支援センター) (2008.8)

・畑中 千秋, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “中空糸を固定層とする接触曝気リアクターによる排水中の窒素除去”, 化学工学会九州支部沖縄大会,C118 (沖縄産業支援センター) (2008.8)

・志岐 雄寛, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “Lactobacillus blugaricus固定化ミクロスフェアの活性評価”, 化学工学会九州支部沖縄大会,C119 (沖縄産業支援センター) (2008.8)

・椛島 裕樹, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “交信撹乱能を有するカプセル化フェロモン製剤の蒸散制御”, 化学工学会九州支部沖縄大会,C120 (沖縄産業支援センター) (2008.8)

・吉田 昌弘, “実用化を目指した機能性マイクロカプセルの開発”, 化学工学会第40回秋季大会, B107  (東北大学)(2008.9)
 
・畑中 千秋, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 藤井 弘明, 馬場 弘, 小林 悟朗, “流動層型バイオリアクターによる汚泥減容プロセスの開発”, 化学工学会第40回秋季大会, C118  (東北大学)(2008.9)

・岩崎 広,竹宮 鉄史, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 甲原 好浩, “PDP隔壁材用の鉛フリーガラス粉末の熱的特性”, 化学工学会第40回秋季大会, O126  (東北大学)(2008.9) 

・椛島 裕樹, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “カプセル化交信撹乱フェロモン製剤の徐放制御”, 化学工学会第40回秋季大会, O218  (東北大学) (2008.9)

・園田 瑛子, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “マイクロクラックの修復を可能にするインテリジェントマイクロカプセルの構造制御”, 化学工学会第40回秋季大会, O219  (東北大学) (2008.9)

・志岐 雄寛, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “乳酸菌固定化マイクロカプセルの活性評価”, 化学工学会第40回秋季大会, O220  (東北大学)(2008.9) 

・塩盛 弘一郎, 橋本 充暁, 清山 史朗, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “液中乾燥過程のポリマー相分離による生分解マイクロカプセルへの農薬の内包状態制御”, 化学工学会第40回秋季大会, O221 (東北大学)(2008.9)

・小瀬戸 悠悟, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “脱窒細菌固定化マイクロカプセルの構造制御による脱窒速度の検討”, 化学工学会第40回秋季大会, Y107 (東北大学)(2008.9)
 
・竹宮 鉄史, 岩崎 広,吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 甲原 好浩, “低融性を特徴とする鉛フリーガラス粉末の物性評価”, 化学工学会第40回秋季大会, Y109  (東北大学) (2008.9)

・幡手 泰雄, 吉田 昌弘, 岡留 有希美, 武井 孝行, 塩盛 弘一郎,清山 史朗, “Lactobacillus blugaricus固定化アルギン酸カプセル製剤の開発と活性評価”, 化学工学会姫路大会, D115 (姫路) (2008.11)

・吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 椛島 裕樹, 塩盛 弘一郎,清山 史朗, “カプセル化フェロモン製剤の徐放制御と交信撹乱効果”, 化学工学会姫路大会, D116 (姫路) (2008.11)

・S. Kiyoyama, K. Minamihata, K. Shiomori, M. Yoshida, Y. Hatate, “Development of Rapid Metal Ion Extractant Using Microcapsules Containing Tri-n-octylamine”, 2008 Taiwan/Korea/Japan ChE Conference and 55th TwIChE Annual Conference, PS1011 (Taiwan) (2008.11)

・M. Yoshida, M. Miyazaki, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Molecular Recognition of Electro-responsive Microsphere Prepared by Molecular Imprinting Technique”, 2008 Taiwan/Korea/Japan ChE Conference and 55th TwIChE Annual Conference, PS6007 (Taiwan) (2008.11)

・T. Aikawa, K. Shiomoro, Y. Hatate, M. Yoshida, S. Kiyoyama, “Preparation of functional microcapsules by phase separation method and control of their structure and function”, The 21th International Symposium on Chemical Engineering, PF-16, (Saga Univ., Japan) (2008.12)

・M. Hashimoto, R. Sawada, K. Shiomori, S. Kiyoyama, M. Yoshida, Y. Hatate, “Preparation and Characterization of Biodegradable Microcapsules entrapping Antibacterial Agent by Solvent Evaporation Method combined with Addition of Phase Change Organic Substances”, The 21th International Symposium on Chemical Engineering, PF-19, (Saga Univ., Japan) (2008.12)

・Y. Kabashima, M. Yoshida, Y. Hatate,K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Synthesis and controlled release of microcapsules containing mating disruption insect pheromone”, The 21th International Symposium on Chemical Engineering, OF-22, (Saga Univ., Japan) (2008.12)

・Y. Koseto, M. Yoshida, Y. Hatate, Y. Ohzuno, C. Hatanaka, E. Toorisaka, “Preparation of core-shell microcapsules immobilized denitrifying bacteria and evaluation of the denitrification rate”, The 21th International Symposium on Chemical Engineering, OF-25, (Saga Univ., Japan) (2008.12)

・E. Sonoda, M. Yoshida, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, M. Konami, “Structural control of intelligent microcapsule enable self-healing materials”, The 21th International Symposium on Chemical Engineering, OF-27, (Saga Univ., Japan) (2008.12)

・H. Iwasaki, T. Takemiya, M. Yoshida,Y. Hatate, Y. Kouhara, “Development of lead-free boronate sealing glasses”, The 21th International Symposium on Chemical Engineering, OF-11, (Saga Univ., Japan) (2008.12)

・T. Takemiya, H. Iwasaki, M. Yoshida, Y. Hatate, Y. Kouhara, “V2O5-Li2O-TeO2 lead-free glass possessing low-melting and excellent sealing properties”, The 21th International Symposium on Chemical Engineering, OF-13, (Saga Univ., Japan) (2008.12)

・K. Shiki, M. Yoshida, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, T. Takei, “Preparation of microcapsule encapsulated lactobacillus bulgaricus and its evaluation of ability for lactic fermentation”, The 21th International Symposium on Chemical Engineering, OF-29, (Saga Univ., Japan) (2008.12)


・久留須 太郎, 椛島 裕樹, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “アリルイソチオシアネートを内包するカプセル化土壌薫蒸剤の調製及び薫蒸特性評価”, 化学工学会第74年会, G204, (横浜国立大学) (2009.3)

・宮崎 将尊, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “不斉制御能を有する刺激応答ミクロスフェアのキラル分離”, 化学工学会第74年会, G205, (横浜国立大学) (2009.3)

・立山 努, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “In situ 重合法により調製されたアセタミプリド内包カプセル化製剤の徐放特性”, 化学工学会第74年会, G206, (横浜国立大学) (2009.3)

・椛島 裕樹,吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “交信撹乱フェロモンのカプセル化製剤の蒸散制御, 化学工学会第74年会, G208, (横浜国立大学) (2009.3)

・吉田 昌弘, 岡留 有希美, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 武井 孝行, “カプセル化乳酸菌製剤の活性評価”, 化学工学会第74年会, G209, (横浜国立大学) (2009.3)

・竹宮 鉄史, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 岩崎 広, 内村 英斗, 甲原 好浩, “V2O5-Li2O-TeO2金属酸化物から構成される鉛フリーガラスの熱的特性評価”, 化学工学会第74年会, I113, (横浜国立大学) (2009.3)

2007年度

・谷 茂広, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “交信撹乱フェロモンを内包するカプセル化製剤の開発”, 第44回化学関連支部合同九州大会, 3_3.045(北九州市)(2007.7)

・柳 和美, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “In situ重合法を利用する水溶性殺虫剤内包カプセル化農薬製剤の開発”, 第44回化学関連支部合同九州大会, 3_3.046(北九州市)(2007.7)

・橋本 充暁, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗,吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “マイクロカプセルに内包した抗菌剤の安定性”, 第44回化学関連支部合同九州大会, 3_3.047(北九州市)(2007.7)

・林 菜津美, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “脱窒細菌を固定化するカプセル型マイクロバイオリアクターの開発とその脱窒処理能評価”, 第44回化学関連支部合同九州大会, 3_3.048(北九州市)(2007.7)

・古鉄 健太郎, 林 菜津美, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “独立栄養細菌固定化ゲルビーズを利用する連続式バイオリアクターの開発”, 第44回化学関連支部合同九州大会, 3_3.049(北九州市)(2007.7)

・藤村 朋裕, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “情報交換をおよび機能制御能を有する電場シンクロミクロスフェアの開発”, 第44回化学関連支部合同九州大会, 3_3.050(北九州市)(2007.7)

・岩崎 広, 甲原 好浩, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “電子デバイスのシーリングを目指したホウ素系鉛フリーガラスの開発”, 第44回化学関連支部合同九州大会, 3_3.051(北九州市)(2007.7)

・林 菜津美, 古鉄 健太郎, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 武井 孝行, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “独立栄養性脱窒細菌固定化コア-シェル型多孔質マイクロカプセルの脱窒能力評価”, 第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,No.25(宮崎)(2007.7)

・岩崎 広, 甲原 好浩, 竹宮 鉄史, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 幡手 泰雄, “封着加工用ホウ素系鉛フリーガラスの開発”, 第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.26(宮崎)(2007.7)

・古鉄 健太郎, 林 菜津美, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 武井 孝行, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “独立栄養細菌固定化ゲルビーズを利用する連続式バイオリアクターの開発”, 第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.27(宮崎)(2007.7)

・谷 茂広, 椛島 裕樹, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 幡手 泰雄 , 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “交信撹乱フェロモンを内包するマイクロカプセル農薬製剤の開発”, 第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.37(宮崎)(2007.7)

・藤村 朋裕, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “情報交換および機能制御能を有する電場シンクロミクロスフェアの開発”, 第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.38(宮崎)(2007.7)

・柳 和美, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “In situ重合法を利用する水溶性殺虫剤内包カプセル化農薬製剤の開発”, 第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, No.39(宮崎)(2007.7)

・塩盛 弘一郎, 橋本 充暁, 清山 史朗, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “生分解性マイクロカプセル中の農薬の内包状態と安定性”, 化学工学会第39回秋季大会, H213(北海道大学)(2007.9)

・武井 孝行, 志岐 雄寛, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “有用微生物内包カプセル化製剤の機能性評価”, 化学工学会第39回秋季大会, H214(北海道大学)(2007.9)

・吉田 昌弘, 藤村 朋裕, 武井 孝行, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “情報交換能を有する機能性ミクロスフェアのキラル分離特性”, 化学工学会第39回秋季大会, H220(北海道大学)(2007.9)

・吉田 昌弘, 岩崎 広, 武井 孝行, 甲原 好浩, 幡手 泰雄, “電子デバイスへの応用を目指したホウ素系鉛フリーガラスの基礎的物性評価”, 化学工学会第39回秋季大会, O324(北海道大学)(2007.9)

・柳 和美, 吉田 昌弘, 武井 孝行, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “マイクロカプセル化殺虫剤の物性及び機能性評価”, 化学工学会第39回秋季大会, 06PO020(北海道大学)(2007.9)

・林 菜津美, 古鉄 健太郎, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 大角 義浩, 武井 孝行, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “脱窒細菌を固定化したカプセル型マイクロバイオリアクターの開発とその脱窒能力評価”, 化学工学会第39回秋季大会, 06PO021(北海道大学)(2007.9)

・K. Yanagi, M. Yoshida, T. Takei, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Preparation of microcapsule encapsulated water-soluble pesticide and its characteristics evaluation”,The 20th International Symposium on Chemical Engineering, OA-06, (Taejeon, Korea) (2007.12)

・N. Hayashi, M. Yoshida, T. Takei, Y. Hatate, Y. Ohzuno, C. Hatanaka, E. Toorisaka, “Microbioreactor encapsulated denitrifying bacteria for nitrate-nitrogen treatment and morphological investigation”, The 20th International Symposium on Chemical Engineering, OA-08, (Taejeon, Korea) (2007.12)

・S. Tani, M. Yoshida, T. Takei, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Application of microencapsulated agrochemicals immobilized mating disruption insect pheromone”, The 20th International Symposium on
Chemical Engineering, OA-10, (Taejeon, Korea) (2007.12)

・H. Iwasaki, M. Yoshida, T. Takei, Y. Kouhara, Y. Hatate, “Development of environment-friendly lead-free boronate glasses”, The 20th International Symposium on Chemical Engineering, OC-02, (Taejeon, Korea) (2007.12)

・T. Fujimura, M. Yoshida, T.Takei, Y. Hatate, “Electro-responsive microsphere by molecular imprint technique”, The 20th International Symposium on Chemical Engineering, OF-08, (Taejeon, Korea) (2007.12)


・塩盛 弘一郎, 新留 かおり, 竹内 苑美, 清山 史朗, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “中空フェノール樹脂微粒子の調製とその構造制御”, 化学工学会73年会, P124(静岡大学)(2008.3)

・畑中 千秋, 幡手 泰雄, 吉田昌弘, “水素酸化バクテリアによる排水中の硝酸性窒素除去”, 化学工学会73年会, P116(静岡大学)(2008.3)

・幡手 泰雄, 吉田 昌弘, “機能性マイクロカプセルの応用技術開発”, 化学工学会73年会, XD205(静岡大学)(2008.3)

・武井 孝行, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “有用微生物内包カプセル化製剤の開発”, 化学工学会73年会, O303(静岡大学)(2008.3)

・吉田 昌弘, 柳 和美, 武井 孝行, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “マイクロカプセル化殺虫製剤の機能性評価”, 化学工学会73年会, O304(静岡大学)(2008.3)



2006年度

・吉田 昌弘, “機能性微粒子その周辺最新技術”, 第43回化学関連支部合同九州大会講演予稿集,依頼講演5, p.6, (2006.7)

・柳 和美, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “環境負荷低減化を指向した水溶性殺虫剤内包マイクロカプセル化製剤の開発”, 第43回化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 2_8.35, p.312 (2006.7)

・谷 茂広, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “昆虫フェロモン内包マイクロカプセルの開発”, 第43回化学関連支部合同九州大会 講演予稿集, 2_8.35, p.312 (2006.7)

・林 菜津美, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “殺菌剤内包ミクロスフェアを利用するバイオフィルム防止技術の開発”, 第43回化学関連支部合同九州大会講演予稿集, 2_8.36, p.313 (2006.7)

・柳 和美, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “環境分解性ポリマーを骨格物質とする水溶性殺虫剤内包マイクロカプセルの開発”, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 17 (2006.7)

・坪田 真弥, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “パン酵母固定化カプセル型マイクロバイオリアクターを利用する不斉還元特性”, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 21 (2006.7)

・谷 茂広, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “カプセル型昆虫フェロモンを利用する農作物害虫の総合防除方法”, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 25 (2006.7)

・秋田 恭平, 林 菜津美, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “マイクロカプセル化脱窒細菌を利用する高効率浄水システムの開発”, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 49 (2006.7)

・久留島 幸人, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “PLA-NIPAAmジブロックコポリマーを骨格とする環境分解ミクロスフェアの開発”, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 50 (2006.7)

・林 菜津美, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “殺菌剤内包ミクロスフェアを利用するバイオフィルム防止技術の開発”, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 60 (2006.7)

・脇田 浩幸, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 小波 盛佳, “材料に自己修復機能を付与可能なインテリジェントマイクロカプセルの開発”, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 85 (2006.7)

・白石 武, 愛甲 涼子, 大角 義浩,吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “本格焼酎に含まれる微量成分の気液平衡挙動に関する研究”, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 101 (2006.7)

・藤村 朋裕, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “分子Imprint法を利用する電場シンクロミクロスフェアの開発”, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 104 (2006.7)

・日高 隆太, 甲原 好浩, 松原 鋭治, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “環境負荷低減化を目指したホウ素系封着加工用鉛フリーガラスの開発”, 第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 110 (2006.7)

・幡手 泰雄,吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “有用微生物を固定化する環境調和型マイクロカプセルの開発”, 化学工学会室蘭大会研究発表講演要旨集, SA102, p.2 (2006.8)

・塩盛 弘一郎, 吉田 昌史, 清山 史朗, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “農薬内包マイクロカプセルの徐放および安定性制御”, 化学工学会室蘭大会研究発表講演要旨集, SA103, p.3 (2006.8)

・瀬戸 房子, 志水 麻衣, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “ポリε-カプロラクトンを壁剤としたα-トコフェロール内包マイクロカプセルの化粧品用添加物としての有用性の検討”, 化学工学会室蘭大会研究発表講演要旨集, SA113, p.12 (2006.8)

・吉田 昌弘, 谷 茂広, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “交信撹乱フェロモンを固定化するマイクロカプセル化製剤の開発”, 化学工学会室蘭大会研究発表講演要旨集, SA114, p.13 (2006.8)

・久留島 幸人, 吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 幡手泰雄, “PLA-NIPAAmジブロックコポリマーを骨格とする環境分解ミクロスフェアの開発”, 化学工学会第38回秋季大会研究発表講演要旨集, B113 (2006.9)

・藤村 朋裕, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “分子Imprint法を利用する電場シンクロミクロスフェアの開発”, 化学工学会第38回秋季大会研究発表講演要旨集, B114 (2006.8)

・脇田 浩幸, 吉田 昌弘, 清山 史朗, 塩盛 弘一郎, 幡手 泰雄, 小波 盛佳, “材料に自己修復機能を付与可能なインテリジェントマイクロカプセルの開発”, 化学工学会第38回秋季大会研究発表講演要旨集, B118 (2006.9)

・秋田 恭平, 林 菜津美, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪栄一, “マイクロカプセル化脱窒細菌を利用する高効率浄水システムの開発”, 化学工学会第38回秋季大会研究発表講演要旨集, B221 (2006.9)

・松永 龍一, 塩盛 弘一郎, 吉田 昌弘, 清山 史朗, 幡手 泰雄, “AOT逆ミセルを用いる酵素内包ポリマーナノカプセルの調製と酵素活性”, 化学工学会第38回秋季大会研究発表講演要旨集, B303 (2006.8)

・坪田 真弥, 吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 幡手 泰雄, “パン酵母固定化カプセル型マイクロバイオリアクターを利用する不斉還元特性”, 化学工学会第38回秋季大会研究発表講演要旨集, B304 (2006.9)

・林 菜津美, 秋田 恭平, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “独立栄養性脱窒細菌を固定化したカプセル型マイクロバイオリアクターの開発とその脱窒能力の評価”, 化学工学会第38回秋季大会研究発表講演要旨集, B305 (2006.9)

・柳 和美, 吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 幡手 泰雄, “水溶性殺虫剤を内包するカプセル化農薬製剤の開発とその特性評価”, 化学工学会第38回秋季大会研究発表講演要旨集, B306 (2006.9)

・谷 茂広, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “マイクロカプセル化昆虫フェロモンを利用する農作物害虫の総合防除に関する評価”, 化学工学会第38回秋季大会研究発表講演要旨集, B307 (2006.9)

・N. Hayashi, M. Yoshida, A. Kyohei, Y. Hatate, C. Hatanaka, E. Toorisaka, “Purification of Groundwater Contaminated with NO3-N by Microencapsulated Denitrifying Bacteria”, 2006 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, PD-03, pp.79-80 (2006.11)

・Y. Kouhara, R. Hidaka, E. Matsubara, M. Yoshida, Y. Hatate, “Development of flat fluorescence lamp by low-melting lead-free sealing glass”, Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, PD-07, pp.87-88 (2006.11)

・Y. Hatate, M.Yoshida, H.Iwasaki, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Biodegradable Microencapsulated Lactobacillus as a Soil Conditioner”, 2006 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference,PD-08, pp.89-90 (2006.11)

・K. Minamihata, S.Kiyoyama, K.Shiomori, M. Yoshida, Y. Hatate, “Preparation of thermo-sensitive nano-capsules using AOT reverse miceller system”, 2006 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, PF-06, pp.129-130 (2006.11)

・M. Yoshida, S. Tsubota, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Assymetric Reduction of Acetophenone with Microcapsulated Baker's Yeast”, 2006 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, PF-19, pp.157-158 (2006.11)

・K. Saeki, S.Kiyoyama, M.Yoshida, Y. Hatate, H.Yoshizawa, K. Shiomori, “Preparation and Characteristics of Microcapsules Containing Tri-n-Octylamine”, 2006 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, PF-25, pp.169-170 (2006.11)

・S. Kiyoyama, S. Yonemura, K.Minamihata, K. Shiomori, M. Yoshida, Y. Hatate, “Preparaation of The Effective Extractant for Precious Metals Using Microcapsules Containing Tri-n-Octylamine”, 2006 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, PJ-15, p.280-281 (2006.11)


・林 菜津美, 秋田 恭平, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “コア・シェル構造を有する脱窒細菌固定化マイクロカプセルの脱窒能力評価”, 化学工学会鹿児島大会研究発表講演要旨集, A109, p.17 (2006.11)

・松永 龍一, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “逆ミセルを用いたリパーゼ内包カプセルの調製”,化学工学会鹿児島大会研究発表講演要旨集, A204, p.21 (2006.11)

・久留島 幸人, 吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 幡手 泰雄, “PLA-NIPAAmジブロックコポリマーを骨格とするミクロスフェアの開発”, 化学工学会鹿児島大会研究発表講演要旨集, A205, p.22 (2006.11)

・谷 茂広, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “カプセル型フェロモン製剤を利用する農作物害虫の総合防除効果”, 化学工学会鹿児島大会研究発表講演要旨集, A206, p.23 (2006.11)

・坪田 真弥, 吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 幡手 泰雄, “パン酵母を固定化するカプセル型マイクロバイオリアクターの不斉還元特性”, 化学工学会鹿児島大会研究発表講演要旨集, A207, p.24 (2006.11)

・柳 和美, 吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 幡手 泰雄, “水溶性殺虫剤を内包した環境分解能を有するカプセル化農薬製剤の開発”, 化学工学会鹿児島大会研究発表講演要旨集, A208, p.25 (2006.11)

・脇田 浩幸, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 清山 史朗, 塩盛 弘一郎, 小波 盛佳, “自己修復機能を有するインテリジェントマイクロカプセルの特性評価”, 化学工学会鹿児島大会研究発表講演要旨集, A209, p.26 (2006.11)

・畑中 千秋, 水野 康平, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “中空糸を固定層とする接触曝気プロセスによる排水中の窒素除去”, 化学工学会鹿児島大会研究発表講演要旨集, B101, p.27 (2006.11)

・大竹 孝明, 岡林 巧, 下園 広喜, 蔵園 有祐, 馬場 秀二, 岡林 悦子, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 佐藤 祐一, “竹炭等の自然物を利用した水質浄化技術の開発”, 化学工学会鹿児島大会研究発表講演要旨集, B107, p.33 (2006.11)

・甲原 好浩, 日高 隆太, 松原 鋭治, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “バナジウム系鉛フリーガラスを用いた平面蛍光管の開発と性能評価”, 化学工学会鹿児島大会研究発表講演要旨集, B109, p.35 (2006.11)

・日高 隆太, 甲原 好浩, 松原 鋭治, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “封着加工用ホウ素系鉛フリーガラスの物性評価”, 化学工学会鹿児島大会研究発表講演要旨集, B220, p.112 (2006.11)

・秋田 恭平, 林 菜津美, 古鉄 健太朗, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “マイクロカプセル化脱窒細菌を適用するバイオリアクターの脱窒能評価”, 化学工学会鹿児島大会研究発表講演要旨集, B221, p.113 (2006.11)

・S. Tsubota, M. Yoshida, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Asymmetric reduction of acetophenone with core/shell microcapsules immobilized Baker’s Yeast”, The 19th International Symposium on Chemical Engineering Kyushu(Japan)- Daejeon/Chungnam(Korea), OA-02 (2006.12)

・K. Akita, N. Hayashi, K. Kotetsu, M. Yoshida, Y. Ohzuno, Y. Hatate, C. Hatanaka, E. Toorisaka, “High efficient water-treatment system utilizing microencapsulated denitrifying bacteria”, The 19th International Symposium on Chemical Engineering Kyushu(Japan)- Daejeon/Chungnam(Korea), C-06 (2006.12)

・R. Hidaka, M. Yoshida, Y. Hatate, E. Matsubara, Y. Kouhara, “Environment-friendly Boronate Lead-Free Sealing Glasses”, The 19th International Symposium on Chemical Engineering Kyushu(Japan)- Daejeon/Chungnam(Korea), OF-03 (2006.12)

・H.Wakita, M. Yoshida, Y. Hatate, M.Konami, “Development of microcapsules self-healing function can be given to composite materials”, The 19th International Symposium on Chemical Engineering Kyushu(Japan)- Daejeon/Chungnam(Korea), OF-12 (2006.12)

・Y. Kurushima, M. Yoshida, Y.Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Physicochemical properties environment decomposition microsphere possessing PLA-NIPAAm diblock structures”, The 19th International Symposium on Chemical Engineering Kyushu(Japan)- Daejeon/Chungnam(Korea), F-15 (2006.12)

・S. Tani, M. Yoshida, Y. Hatate, K. Shiomori, S. Kiyoyama, “Microencapsulated agrichemicals containing mating disruption insect pheromone”, The 19th International Symposium on Chemical Engineering Kyushu(Japan)-Daejeon/Chungnam(Korea), PA-01 (2006.12)

・K. Yanagi, M.Yoshida, Y. Hatate, K. Shiomori, S.Kiyoyama, “Microcapsule encapsulated water-soluble pesticide possessing environment decomposition functions”, The 19th International Symposium on Chemical Engineering Kyushu(Japan)- Daejeon/Chungnam(Korea), PF-03 (2006.12)

・N.Hayashi, K.Akita, M.Yoshida, Y. Hatate, Y. Ohzuno, C. Hatanaka, E. Toorisaka, “Core-shell Microbioreactor Encapsulated Denitrifying Bacteria for Nitrate-nitrogen Treatment”, The 19th International Symposium on Chemical Engineering Kyushu(Japan)- Daejeon/Chungnam(Korea), PF-05 (2006.12)


・藤村 朋裕, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “情報交換・機能制御性を持つ分子刺激応答ミクロスフェアのキラル分離の制御”, 化学工学会第72年会研究発表講演要旨集, A307 (2007.3)

・柳 和美, 吉田 昌弘, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 幡手 泰雄, “水溶性の高い殺虫剤を高効率で内包するマイクロカプセル化製剤の特性評価”, 化学工学会第72年会研究発表講演要旨集, A316 (2007.3)

・塩盛 弘一郎, 橋本 充暁, 吉田 昌史, 清山 史朗, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “PCLマイクロカプセルに内包された農薬の徐放挙動と安定性”, 化学工学会第72年会研究発表講演要旨集, A318 (2007.3)

・谷 茂広, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “カプセル化昆虫フェロモンを利用する農作物害虫の総合防除に関するフィールド試験”, 化学工学会第72年会研究発表講演要旨集, A319 (2007.3)

・林 菜津美, 秋田 恭平, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 大角 義浩, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “独立栄養性脱窒細菌固定化コア-シェル型多孔質マイクロカプセルの脱窒能力評価”, 化学工学会第72年会, 研究発表講演要旨集, A321 (2007.3)

・畑中 千秋, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 藤井 弘明, 馬場 泰弘, 小林 悟朗, “固定化菌体を用いた流動層型リアクターによる汚泥減容プロセスの開発”, 化学工学会第72年会研究発表講演要旨集, A321 (2007.3)


2005年度

・M. Yoshida, D. Tenokuchi, K. Ohkubo, Y. Uemura, C. Hatanaka, Y. Hatate, "Biological Denitrification of Drinking Water with Core/shell Microcapsules Immobilized Denitrifying Bacteria", 7th World Congress of Chemical Engineering, P4-004, (2005.7)

・S. Kiyoyama, K. Shiomori, Y. Kawano, H. Yoshizawa, M. Yoshida, Y. Hatate, "Characteristics of Nano Capsules Prepared Using Reverse Micellar System", 7th World Congress of Chemical Engineering, C9-006 (2005.7)


・樋之口 大作, 秋田 恭平, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 通坂 栄一, 畑中 千秋, “脱窒細菌固定化カプセル型バイオリアクターによる硝酸性窒素処理技術の開発”, 第16回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会講演要旨集, No.4 (2005.7)

・柿囿 兼一, 土屋 優二, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “有用微生物内包マイクロカプセル製剤の開発とその発酵土壌転換への利用”, 第16回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会講演要旨集, No.49 (2005.7)

・相良 秀一, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “カプセル型昆虫フェロモンを利用する農薬害虫の総合防除方法”, 第16回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会講演要旨集, No.1 (2005.7)

・宮元 成美, 柳 和美, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 河野 恵宣, “水溶性殺虫剤を内包するマイクロカプセル化農薬製剤の開発”, 第16回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会講演要旨集, No.8 (2005.7)

・吉中 忠, 日高 隆太, 甲原 好浩, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “電子デバイスのシーリングを目的としたV2O5系鉛フリーガラスの開発”, 第16回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会講演要旨集, No.16 (2005.7)

・吉本 幸士, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “強誘電性液晶セグメント外殻で機能化させたマイクロカプセルの開発”, 第16回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会講演要旨集, No.14 (2005.7)

・秋田 恭平, 江口 卓, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “温度応答機能を有するマイクロカプセルからの昆虫フェロモンの蒸散制御”, 第16回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会講演要旨集, No.12 (2005.7)

・久留島 幸人, 上村 芳三, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “バイオディーゼルの低温流動性改良に関する基礎的検討”, 第16回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会講演要旨集, No.78 (2005.7)

・白石 武, 上村 芳三, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “バイオマスとプラスチックの共熱分解における基礎的研究”, 第16回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会講演要旨集, No.73 (2005.7)

・坪田 真弥, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “内核に酵母を固定化するカプセル型マイクロバイオリアクターの不斉還元に関する基礎的研究”, 第16回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会講演要旨集, No.45 (2005.7)

・脇田 浩幸, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “自己修復機能を有するインテリジェントマイクロカプセルの開発”, 第16回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会講演要旨集, No.6 (2005.7)

・日高 隆太, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “Li2B4O7 -ZnO-BaO系金属酸化物より構成される封着化工用鉛フリーガラスの開発”, 第16回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会講演要旨集, (学生賞)(2005.7)

・樋之口 大作, 柿囿 兼一, 相良 秀一, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “環境保全型マイクロカプセル化農薬製剤の開発及び販売”, H17年度 鹿大・宮大合同セミナー (2005.8)

・坪田 真弥, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “内核に酵母を固定化するカプセル型マイクロバイオリアクターの不斉還元に関する基礎的研究”, H17年度 鹿大・宮大合同セミナー (2005.8)

・日高 隆太, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “Li2B4O7 -ZnO-BaO系金属酸化物より構成される封着化工用鉛フリーガラスの開発”, H17年度 鹿大・宮大合同セミナー (2005.8)

・吉田 昌弘, 秋田 恭平, 樋之口 大作, 大角 義浩, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, “架橋ポリビニルアルコールを外殻とするカプセル化脱窒細菌の開発と浄化システムの構築”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, A210 (2005.9)

・樋之口 大作, 秋田 恭平, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 通坂 栄一, 畑中 千秋, “脱窒細菌固定化カプセル型バイオリアクターによるバイオレメディエーション”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, A209 (2005.9)

・柿囿 兼一, 土屋 優二, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 日本有機㈱, “発酵土壌形成のための乳酸菌固定化マイクロカプセルの開発”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, A207 (2005.9)
 
・相良 秀一, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “カプセル型昆虫フェロモンを利用する農薬害虫の総合防除方法”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, A206 (2005.9)

・脇田 浩幸, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 小波 盛佳, “自己修復機能を有するインテリジェントマイクロカプセルの開発”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, A201 (2005.9)

・日高 隆太, 吉中 忠, 甲原 好浩, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 皿田 二充, “高封着封止特性を有するホウ素系鉛フリーガラスの開発”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, U217 (2005.9)

・坪田 真弥, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “酵母固定化カプセル型バイオリアクターによる不斉還元反応特性”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, A208 (2005.9)
 
・白石 武, 上村 芳三, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “バイオマスとプラスチックの共熱分解における基礎的研究”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, N115 (2005.9)
 
・久留島 幸人, 上村 芳三, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “バイオディーゼルの低温流動性改良に関する基礎的検討”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, N306 (2005.9)
 
・秋田 恭平, 江口 卓, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “温度応答機能を有するマイクロカプセルからの昆虫フェロモンの蒸散制御”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, A204 (2005.9)
 
・吉本 幸士, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “強誘電性液晶セグメント外殻で機能化させたマイクロカプセルの開発”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, A202 (2005.9)
 
・吉中 忠, 日高 隆太, 甲原 好浩, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 皿田 二充, “低融性かつ高封着封止特性を有するバナジウム系鉛フリーガラスの開発”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, U218 (2005.9)
 
・宮元 成美, 柳 和美, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, 河野 恵宣, “水溶性殺虫剤を内包するマイクロカプセル化農薬製剤の開発”, 化学工学会第37回秋季大会研究発表講演要旨集, A205 (2005.9)

・塩盛 弘一郎, 大山 広晃, 坂本 陵治, 清山 史朗, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 河野 恵宣, “活性炭を担持剤とした薬剤高内包マイクロカプセルの調製と機能制御”, 化学工学会第37回秋季大会 研究発表講演要旨集, V021 (2005.9)

・Kenichi Kakizono, Yuji Tsuchiya, Masahiro Yoshida, Koichiro Shiomori, Shiro Kiyoyama, Yasuo Hatate, Takamitsu Ushirozako, Nobuyoshi Kawasaki, “Preparation of microcapsule immobilized useful microorganism and its application to change to fermentation soil”, Proceedings of The 18th Symposium on CHEMICAL ENGINEERING Daejeon/ Chungnam(Korea)- Kyushu(Japan), p.1 (2005.12)

・Syuuichi Sagara, Masahiro Yoshida, Koichiro Shiomori, Shiro Kiyoyama, Yasuo Hatate, “Microencapsulated agrichemicals immobilized mating disruption insect pheromone”, Proceedings of The 18th Symposium on CHEMICAL ENGINEERING Daejeon/ Chungnam(Korea)- Kyushu(Japan), p.5 (2005.12)

・Narumi Miyamoto, Kazumi Yanagi, Masahiro Yoshida, Koichiro Shiomori, Shiro Kiyoyama, Yasuo Hatate, “Preparation and characteristics of microcapsule encapsulated water-soluble pesticide”, Proceedings of The 18th Symposium on CHEMICAL ENGINEERING Daejeon/ Chungnam(Korea)- Kyushu(Japan), p.8 (2005.12)

・Tadashi Yoshinaka, Ryuuta Hidaka, Yoshihiro Kouhara, Masahiro Yoshida, Yasuo Hatate, Tsugumitsu Sarata, “Lead-free Sealing Glasses composed of the Ternary System V2O5-ZnO-BaO-P2O5”, Proceedings of The 18th Symposium on CHEMICAL ENGINEERING Daejeon/ Chungnam(Korea)- Kyushu(Japan), p.85 (2005.12)

・Takashi Yoshimoto, Masahiro Yoshida, Yasuo Hatate, “Development of electro-responsive microcapsule immobilized ferroelectric liquid crystal element”, Proceedings of The 18th Symposium on CHEMICAL ENGINEERING Daejeon/ Chungnam(Korea)- Kyushu(Japan), p.93 (2005.12)

・Daisaku Tenokuchi, Kyouhei Akita, Masahiro Yoshida, Chiaki Hatanaka, Eiichi Toorisaka, Yasuo Hatate, “Core-shell microbioreactor microencapsulated denitrifying bacteria for nitrate-nitrogen treatment”, Proceedings of The 18th Symposium on CHEMICAL ENGINEERING Daejeon/ Chungnam(Korea)- Kyushu(Japan), p.222 (2005.12)

・Kyouhei Akita, Syuichi Sagara, Masahiro Yoshida, Koichiro Shiomori, Shiro Kiyoyama, Yasuo Hatate, “Controlled release of thermo-sensitive microsphere incorporated insect pheromone”, Proceedings of The 18th Symposium on CHEMICAL ENGINEERING Daejeon/ Chungnam(Korea)- Kyushu(Japan), p.226 (2005.12)

・Shinya Tsubota, Masahiro Yoshida, Yasuo Hatate, “Asymmetric reduction of acetophenone with core/shell microcapsules immobilized Baker's Yeast”, Proceedings of The 18th Symposium on CHEMICAL ENGINEERING Daejeon/ Chungnam(Korea)- Kyushu(Japan), p.230 (2005.12)

・Takeshi Shiraishi, Ryoko Aikou, Yoshihiro Ohzuno, Masahiro Yoshida, Yasuo Hatate, “The research on the behavior of the small flavour compound of the shouchu manufacturing in the distillation course”, Proceedings of The 18th Symposium on CHEMICAL ENGINEERING Daejeon/ Chungnam(Korea)- Kyushu(Japan), p.297 (2005.12)

・Yukito Kurushima, Masahiro Yoshida, Yasuo Hatate, “The development of microsphere which consist of the polymer skeleton with environment decomposition and temperature response function”, Proceedings of The 18th Symposium on CHEMICAL ENGINEERING Daejeon/ Chungnam(Korea)- Kyushu(Japan), p.331 (2005.12)

・Ryuta Hidaka , Tadashi Yoshinaka, Yoshihiro Kouhara, Masahiro Yoshida, Yasuo Hatate, Tsugumitsu Srata, “Environment-friendly Lead-Free Sealing Glasses in the Ternary System Li2B4O7-ZnO-BaO”, Proceedings of The 18th Symposium on CHEMICAL ENGINEERING Daejeon/ Chungnam(Korea)- Kyushu(Japan), p.339 (2005.12)

・Hiroyuki Wakita, Masahiro Yoshida, Yasuo Hatate, Moriyoshi Konami, “Characterization of microcapsules with self-healing function”, Proceedings of The 18th Symposium on CHEMICAL ENGINEERING Daejeon/ Chungnam (Korea)- Kyushu(Japan), p.347 (2005.12)


・吉田昌弘, “市場展開に向けたマイクロカプセル開発 PartⅡ”, マイクロカプセルの構造、調製法と機能制御セミナー, 技術情報協会 (2006.2)

・甲原 好浩, 吉中 忠, 日高 隆太, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 皿田 二充, “バナジウム系鉛フリーガラスの開発及び実用化に向けた基礎的研究”, 化学工学会第71年会研究発表講演要旨集, D113 (2006.3)

・日高 隆太, 吉中 忠, 甲原 好浩, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, 皿田 二充, “Li2B4O7-ZnO-BaO系封着用鉛フリーガラスの低融点化に向けた基礎研究”, 化学工学会第71年会研究発表講演要旨集, D122 (2006.3)

・秋田 恭平, 樋之口 大作, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “マイクロカプセル化脱窒細菌を利用する高効率浄水システムの構築”, 化学工学会第71年会研究発表講演要旨集, E120 (2006.3)

・吉田 昌弘, 樋之口 大作, 秋田 恭平, 幡手 泰雄, 畑中 千秋, 通阪 栄一, “内核に微生物反応場を有するカプセル型マイクロバイオリアクターの設計”, 化学工学会第71年会研究発表講演要旨集, R116 (2006.3)

・吉田 昌弘, 相良 秀一, 幡手 泰雄, 塩盛 弘一郎, 清山 史朗, “マイクロカプセル化フェロモン製剤の交信撹乱効果”, 化学工学会第71年会研究発表講演要旨集, R117 (2006.3)

・坪田 真弥, 吉田 昌弘, 幡手 泰雄, “内核に酵母を固定化するカプセル型マイクロバイオリアクターの不斉還元特性”, 化学工学会第71年会研究発表講演要旨集, R118 (2006.3)

・清山 史朗, 米村 慧, 塩盛 弘一郎, 吉田 昌弘, 吉澤 秀和, 幡手 泰雄, 河野 恵宣, “TOA内包マイクロカプセルを用いたPd(II)の抽出速度に及ぼすカプセル特性の影響”, 化学工学会第71年会研究発表講演要旨集, R119 (2006.3)